小型でも冷凍室たっぷり ツインバード冷蔵庫の魅力

小型ながら冷蔵室と同じ容量の冷凍室を備えるツインバードの「ハーフ&ハーフ」。その狙いを開発者に聞いた
小型ながら冷蔵室と同じ容量の冷凍室を備えるツインバードの「ハーフ&ハーフ」。その狙いを開発者に聞いた

一般的な小型冷蔵庫は「冷凍室は最低限」という製品が少なくない。しかし、ツインバード工業の2ドア冷凍冷蔵庫「ハーフ&ハーフ」(HR-E915PW)は、冷凍室を優先して考えた小型冷蔵庫だという。この製品はどうして生まれたのか。本当に使いやすい家電はどれかをレビューするために、自宅とは別に専用の一軒家を用意してしまった家電プロレビュワーの石井和美さんが開発者に話を聞いた。

◇  ◇  ◇

ツインバードの「ハーフ&ハーフ」は容量146リットル、高さ122センチというコンパクトな冷蔵庫だ。

このサイズの冷蔵庫は、下が冷蔵室、上が小さな冷凍室になっていることが多い。だが「ハーフ&ハーフ」は上が冷蔵室、下が冷凍室となっている。しかも扉だけ見ると冷凍室のほうが大きい。容量は冷蔵室と冷凍室はそれぞれ73リットルと同じなのだが、冷凍室に引き出しが4段入っており、その分のスペースが必要だからだ。引き出しは一番上の段が浅く、一番下の段が深くなっている。

一般的な小型冷蔵庫と違い、冷凍室が下にある。扉は冷凍室のほうが大きいが、容量はともに73リットル。扉が大きいのは冷凍室が引き出し式になっているからだ

実際に冷凍食品を入れてみると、その収納力に驚いた。整理しながら大量に入れることができるのだ。引き出し式でデッドスペースが少ないため、上から下までびっしり収まった。本格的な自炊ではなくても、節約するために冷凍うどんやパンなどをストックしておきたいとき、これなら無駄なく入れることができる。

冷凍室。4段の引き出しは透明なので、どの引き出しに何が入っているのかがわかりやすい
一番上の棚にはハーゲンダッツのアイスクリームなら2個重ねて入れられる深さ

2段目、3段目の引き出しは冷凍食品などを入れるとちょうど収まる奥行きと深さになっていた
一番下の引き出しには4玉入りの冷凍うどん、食パンなどをそのまま入れられる

一般的なコンパクト冷蔵庫と異なり、冷凍室に力を入れた「ハーフ&ハーフ」はどうして生まれたのか。ツインバードを訪ね、開発担当者に話を聞いてみることにした。

変わる冷凍食品に対する意識

――冷蔵室と冷凍室が同じ大きさという「ハーフ&ハーフ」を開発した経緯は?

話を聞いた岡田さん。防水AVシリーズ「ZABADY」やあんどん型LEDライト「OLIGHT」など、数々のヒット商品を生み出す。現在はプロダクトディレクション部副部長

開発生産本部プロダクトディレクション部の岡田剛さん(以下、岡田) 一つは外部環境が大きいですね。どんどん人口が減っていく中で、単独世帯が増えていることに着目しました。会社として1人、2人世帯向けのライフスタイル家電の創造をしていきたいと考えたんです。

ツインバードは2015年に容量86リットルの一人暮らし向け冷蔵庫を発売しました。当社として初めての冷蔵庫ということで、新生活向けの提案で開発したところ、思った以上に売れ行きが好調だったんです。

「なるほど、新生活需要というのはあるんだな」と学んだのと同時に、子どもが巣立ったシニアの年代の方々や、離婚されて1人の生活に戻った方などのことも考えると、1人、2人向けの商品をつくっていくことで活路が見いだせるんじゃないかという期待が生まれたんです。ライフスタイルの変化に合わせた、ツインバードならではの価値をつけていけば、もっと良いものができるんじゃないかと。

とはいえ、白物家電は日本の大手メーカーがひしめく分野です。さらにハイセンス、ハイアール、アクアといった価格を抑えたアジアメーカーも独自の製品を出している。我々は何を特徴にするかという点で、非常に悩みました。最後発という部分で特徴的な商材にしたかったですから。

――そこでたどり着いたのが「大容量の冷凍室」というわけですか。

岡田 「クラス最大の冷凍容量」という特徴は、売り場においても訴求しやすいですし、キャッチーですからね。

MONO TRENDY連載記事一覧