マネー研究所

桐谷さんの株主優待入門

桐谷さん優待株選びの掟 下落し総合利回り4%は買い

日経マネー

2019/8/9

高額旅館宿泊の割引や婚活サービスの優待など最初から「これは使わないな」と判断するものもある。だが買い物券やカタログギフトなどは極力使い切るのが桐谷さんの信条だ。「優待券は使わなければタダの紙切れ。株の評価損よりも、優待使い忘れの方がつらいんです」と桐谷さんは語る。

■8月の権利確定銘柄

では最後に、ブログ「株主総会お土産日記」が人気の株主優待好き主婦投資家mtips氏が厳選した「19年8月に入手できるお得銘柄」を紹介しよう。19年8月中に割当基準日を迎える銘柄だ(なお、19年8月末が割当基準日の場合、優待を得るための最終売買日は8月28日になる)。銘柄選択の際の参考にしてほしい。

注:2019年7月5日時点。売買単位は全て100株。同内容の優待が年2回ある場合、1回分の内容を表記。画像は過去の優待品の場合がある

(日経マネー 佐藤由紀子)

[日経マネー2019年9月号の記事を再構成]

これまでの「桐谷さんの株主優待入門」の記事はこちらからご覧ください。

日経マネー 2019年 9 月号

著者 : 日経マネー編集部
出版 : 日経BP
価格 : 750円 (税込み)


マネー研究所 新着記事

ALL CHANNEL