ママの輪入れた、ずっと家しんどい 育休男性が座談会

座談会の参加者に育休について感じた事を書いてもらった
座談会の参加者に育休について感じた事を書いてもらった
■座談会の参加者
Aさん 総合商社勤務。妻が仕事に復帰するタイミングを挟んで半年間育休を取得。30代。
Bさん 金融機関勤務。子どもが生まれて数カ月後に数週間の育休を取得。40代。
Cさん IT企業勤務。前職の人材系企業在籍時、約1カ月半の間、週1~2日勤務に切り替えて約20日の有給休暇を取得。20代。

「男性の育児休業」を巡る議論が盛り上がっている。これまで育休を取る男性は少なかったが、取得を奨励する企業も増えてきた。育休の実態や普及への課題は何か。育休や有給休暇を取得した男性に聞いたところ、早い段階での報告・相談や上司からの働きかけがスムーズな取得につながることが浮き彫りになった。

――どのように育児休業や休暇を取得しましたか。

Aさん 「育休を半年間取得した。妻が先に職場復帰し、自分は子どもが保育園に入った後に復帰した。現在は自分が時短勤務をしている。同じ会社で働いている妻が出産を機にマミートラックに入らないようキャリア形成を後押ししたいと思った」

Bさん 「妻の育休と重なる時期に育休を数週間取った。会社の会議で『男性も育休を取れる人は取りましょう』と上司から話があり、男性も育休を取得してもよい時代になってきたと感じたのがきっかけだ」

Cさん 「妻が出産直後の約1カ月半、勤務日を週1~2日に減らして有給休暇を約20日間取得した。育休だとパソコンや携帯電話を会社に返却する必要がある。完全に仕事を離れるのは不都合と判断し、育休にしなかった」

――育休を伝えたときの職場の受け止めは。

Aさん 「『新しいな』と言われた。職場で少しずつフォロワーが増えて、どこかのタイミングでどばっと増えたらいいと思う」

Bさん 「上司からは『長期間休ませてあげられなくてごめんね』と言われた。40代で育休を取得する男性はまだ少ない。年代や役職関係なく育休が取れるようになれば浸透していくのでは」

Cさん 「前向きな反応で取りにくさは感じなかった。取得後は女性から『旦那が1年間取りたいと思っているんだけど大丈夫かな』と聞かれるなど、男女問わず相談を受ける。育休を必ず取得すべきだとは思わないが、取りたい人が取りやすい環境であったらいいと思う」

――育休の感想は。

Aさん 「一人でご飯をあげて寝かしつけもできるワンオペの実績を妻にみせられた。育休中は子育て広場に足を運び、最後はお花見に誘われるなどママたちの輪に入れたことも自信につながった。夫婦どちらも世話ができるので、一方に仕事や家庭の負担が偏ることがなくリスクに耐えうる状況になったのが良かった。娘が手足口病を機に3週間保育園に行けなくなったときも、僕が7日、妻が8日と半分ずつ休んだ」

Cさん 「やったらやれる、というのが感想。不安があっても慣れるから大丈夫と同世代(20代)に伝えたい。一番良かったのは妻の喜怒哀楽のポイントを知ることができたこと。ただ、外出できないのはしんどかった。生後1~2カ月目だったので、夜泣きもあり3時間ごとにミルクが必要。ずっと家にいてストレスを感じる時もあった」

Bさん 「育児が大変と聞いて知ってはいたが、いざ経験すると朝から夜まで不規則だし、洗濯や掃除など家事をして子どもにミルクを頻繁にあげて、と一日中大変だということが身にしみてわかった。一緒に家事をして妻の意外な性格もわかった」