ブレイクした芸人、霜降り明星1位 モノマネ勢が躍進好きな芸人 嫌いな芸人 2019

日経エンタテインメント!

2019年版「この1年で最もブレイクした芸人」の1位は、18年の『M-1グランプリ』で最年少王者になった霜降り明星。準優勝の和牛は3位に入った。チョコレートプラネット、Mr.シャチホコらモノマネ達人の躍進も目立った。

「-」は昨年20位圏外

日経エンタテインメント!では、19年で16回目となるお笑い芸人の人気調査を実施。全国の男女1000人を対象に「一番好きなお笑い芸人」「一番嫌いなお笑い芸人」「この1年で最もブレイクしたと思うお笑い芸人」「これから1年で消えると思うお笑い芸人」の4項目で人気度を調査した(調査の詳細は「好きな芸人、サンドウィッチマンが連覇 さんま2位」をご覧ください)。

数値は、その理由を選んだ割合(複数回答可)。「全体平均」は回答者全員(1000人)の平均値

男性支持のほうが高い霜降り明星だが、「もっと見たいし、もっと知りたい」(33歳女性)という女性からの熱い声も少なくない。これからのお笑い界を担う20代半ばの新才能に、期待を込めて注目している人が多い。

2位のチョコレートプラネットは、IKKOと和泉元彌のモノマネで大躍進。それに加え、昨秋に『有吉の壁』(日本テレビ系)で披露したキャラクター「TT兄弟」がバカウケし、この1年は企業のキャンペーンやCMなどで引っ張りだこだった。