転職成功、最後にもの言う人間力 趣味・学びで磨くエグゼクティブ層中心の転職エージェント 森本千賀子

趣味や勉強を「3日坊主」にしないためには

さて、新しい趣味の活動を始めるにしても、「自分はいつも3日坊主だから」と一歩を踏み出せない人も多いのではないでしょうか。そこで、私の実体験から「続けるコツ」を紹介します。これは趣味の活動だけでなく、英語や専門スキルなど、仕事関連の勉強をするにあたっても有効かと思います。

まず、続かない人にありがちなのは、「1日5分から始めよう」という発想。「電車移動中やランチタイムなど、隙間時間を利用して勉強しよう」というのも同様です。負担のないペースでコツコツやっていこうと思っても、なかなか続かないものですよね。

そこで、「スタート時点でしっかりエンジンに点火する」ということを意識してみてください。始めたばかりの時期に集中してパワーをかけることにより、早い段階で勉強を「習慣化」するのです。

まずは「始め方」を工夫してみましょう。「来週月曜から少しずつ始める」ではなく、「連休を費やす」からスタートするのです。

例えば、夏休みの10日間すべて、あるいは半分の5日間でも、勉強の時間にあてたとします。すると、お休みが明けた後も、「貴重な休日を費やしたのに、やめるなんてもったいない」と思うのではないでしょうか。

教材を購入するなど、高額投資をするのも有効です。「かけたお金と時間をムダにしたくない」と、モチベーションを維持できるでしょう。

スクールやセミナーを活用する場合も「集中受講」からスタートします。平日の1~2時間から始めるのではなく、休日の丸1日コースから始めるのです。

スタート時点でまとまった時間・期間を費やすことには、「かけた時間がもったいないから、やめにくい」というほかにも、効果があります。それは「ある程度のレベルまで早く達する」ということです。

私自身は、ゴルフのレッスンでそれを実感しました。十数年前、初めてゴルフにチャレンジしたときは、月1~2回レッスンに通いましたが、急用が入るなどして休むことも。間が空くと、前に習ったことは忘れていて一からやり直し。上達しないままやめてしまいました。

そして最近、息子がゴルフ部に入部したのを機に、ゴルフに再チャレンジ。今回は前のような挫折をしないよう、学び方を変えました。「連休」を利用し、集中的にゴルフスクールにレッスン予約を入れてスタートしたのです。

私は、学びには4つのステップがあると考えています。

(1)何ができていないのか、何を質問すればいいのかすらわからない

(2)頭ではある程度理解するが、体がついてこない

(3)意識すればできるようになる

(4)無意識でもできるようになる

「無意識でもできるようになる」というのは、「習慣になる」ということです。習慣化してしまえば、ごく自然に継続することができます。そのレベルに早く到達するためにも、まとまった時間・期間の学習からスタートすることをお勧めします。夏の長期休暇を有効活用してはいかがでしょうか。

森本千賀子
morich代表取締役 兼 All Rounder Agent。リクルートグループで25年近くにわたりエグゼクティブ層中心の転職エージェントとして活躍。2012年、NHK「プロフェッショナル~仕事の流儀~」に出演。最新刊「のぼりつめる男 課長どまりの男」(サンマーク出版)ほか、著書多数。

管理職・ミドル世代の転職なら――「エグゼクティブ転職」

5分でわかる「エグゼクティブ力」
いま、あなたの市場価値は?

>> 診断を受けてみる(無料)

「エグゼクティブ転職」は、日本経済新聞社グループが運営する 次世代リーダーの転職支援サイトです

NIKKEI 日経HR


ブックコーナー ビジネス書などの書評はこちら
出世ナビ記事アーカイブ一覧
ブックコーナー ビジネス書などの書評はこちら
出世ナビ記事アーカイブ一覧