「酒が飲めるパン屋」 スターバックスが代官山に開業

日経クロストレンド

「プリンチ 代官山 T-SITE」(東京都渋谷区猿楽町16-15)(写真提供:スターバックスコーヒージャパン)
「プリンチ 代官山 T-SITE」(東京都渋谷区猿楽町16-15)(写真提供:スターバックスコーヒージャパン)
日経クロストレンド

スターバックスがイタリアのベーカリーと手を組み、2019年7月24日、東京・代官山に「プリンチ」を開業した。朝食から夕食まで、時間帯ごとに提供するメニューを変え、幅広い集客を狙う。

ロースタリーとともに「プリンチ」の認知が広がった

プリンチはイタリアでは高級ベーカリーとして知られる。2017年秋に米シアトルのスターバックスの焙煎(ばいせん)工場併設型店舗「スターバックス・リザーブ・ロースタリー」に出店。その後、2019年2月に東京・中目黒に開業した「スターバックス リザーブ ロースタリー 東京」にも出店し、話題を呼んだ。今回開業した代官山店は、「代官山 蔦屋書店」などが入る「代官山 T-SITE」に入居。ベーカリーだけの単独店舗としては日本初となる。

プリンチの代表的な商品「コルネッティ」(税別270円~)は発酵バターを練りこんだペストリー(税別270円~)。ラズベリーやブルーベリーなどのジャム入り、チョコレート入りなど、全7種類(写真提供:スターバックスコーヒージャパン)

「ロースタリーの認知が広がるとともに、プリンチの名も知られるようになった。プリンチを目当てに来店する人も増えたため、単独での出店を決めた」(スターバックスコーヒージャパン)。

夕方からは酒とつまみも提供

中目黒の店舗との違いは、時間帯に合わせたメニュー展開だ。朝の時間帯はクロワッサンのイタリア版である「コルネッティ」など、軽い食感のパンを用意。昼食時にはフォカッチャ生地のピザやサンドイッチなど、ボリュームのあるメニューを提供する。カフェタイムにはケーキ類を用意。夕方以降は酒や生ハムなどのつまみ類もそろえる。

「アペリティーボ ピッコロ」(税別920円)(写真提供:スターバックスコーヒージャパン)

全14席とあまり広くはないが、T-SITE内のテラス席も利用できる。今後は首都圏を中心に多店舗展開も検討している。

店舗面積は134.98平方メートル(写真提供:スターバックスコーヒージャパン)

(ライター 樋口可奈子)

[日経クロストレンド 2019年7月26日の記事を再構成]

「マーケ・デジタル戦略」が分かるデジタルメディア、日経クロストレンド

「日経クロストレンド」では「P&Gマフィア」「AIを使ったリアル店舗の逆襲」「クルマ・鉄道を変えるモビリティ革命『MaaS』」「中国ネット企業の実情」など、次の時代を予見するマーケティング・デジタル戦略の特集記事を毎月たっぷりお届け。マーケ担当者に加えて、経営者・役員やIT担当者など、幅広い層に読んでいただいています。


MONO TRENDY連載記事一覧