2019/7/29

――3代続いての探検家です。

「教育からきているのだと思います。父も祖父も探検家でしたので、宇宙飛行士や色々なパイオニアの人たちに小さいころから会うことができましたし、『人生は探検』だということを彼らから学んだのだと思います。『新しい世界に向けた人生をおくることが重要であり、すでに確立された世界で暮らすよりもはるかに大切だ』ということを学びました」

――家族で共通している点はありますか。

「祖父は物理学者で、父は海洋学者でした。私は精神科医です。環境に対する科学の探検、これが私たちの共通点だと思います。ですので、何か目立つようなものではなく、世の中に役立つことを考えてきたといえます」

「現在、取り組んでいるのは環境破壊が進む地球を救うための解決法」

「祖父がバチスカーフを発明したときには、深海の水圧に対抗するシステムとして、浮力材にガソリンを使うことを考えました。父がバチスカーフでマリアナ海溝に潜ったのは、海溝の底にも生物が存在することを証明したかったからです。というのは当時、原子力発電で生じた放射性廃棄物をマリアナ海溝に捨てようとする動きがあったのです。父の探検で深海にも魚が生息することが分かり、そうした動きを止めることができました。これは環境保全に対する大きな貢献だったと思います。私の場合は、最初の探検は気球によるもので風と一緒でしたが、次はソーラープレーンで太陽と一緒ということになります」

――探検家になろうと思った具体的なきっかけは何ですか。

「1969年7月のことです。父が潜水艇による長期潜水の探検に出発したのですが、それと同じ時期にアポロ11号の打ち上げがあり、招待状が届いたのです。自分もこういう人生を送りたいと思いました」

「以来、さまざまな分野で探検をしてきました。精神科医として心の中を探検し、ブライトリング・オービターとソーラー・インパルスで空を探検しました。現在、私が取り組んでいるのは環境破壊が進む地球を救うための解決法を調べることです。日本でも私たちの取り組みに関心を持っていただければ非常にうれしく思います」

Watch Special 2021

日経電子版 NIKKEI STYLE Men's Fashion 「Watch Special 2021」では、注目の腕時計新作、最新トレンド、インタビュー、ビジネスパーソンのための腕時計基礎講座など、多彩なコンテンツを提供しています。

>> Watch Special 2021はこちら

SUITS OF THE YEAR 2020
Watch Special 2021
GIFT SPECIAL 2021
SUITS OF THE YEAR 2020
Watch Special 2021
Instagram