MONO TRENDY

乗物でGO

ANAハワイ便 ファーストクラス「シート」だけ体感 連載 ヒコーキに恋して

2019/8/5

ヒコーキが大好きなフリーアナウンサー、貞平麻衣子さんがANAホノルル線に就航したA380のファーストクラスのシートを体験しました

今春、ANA(全日空)ホノルル路線に就航した「A380(エアバス380)」。同社のホノルル線としては初めてファーストクラスを設定したことでも話題を呼んでいる。興味はあるけれど、じっくりとシートを見たことがない、という人に向けて、飛行機が大好きなフリーアナウンサー、貞平麻衣子さんがファーストクラスのシートを体験。驚いた5つのポイントを紹介する。

◇  ◇  ◇

皆さんは国際線のファーストクラス、乗ったことありますか? わたしはANAのファーストクラスに「座ったこと」があります。世界各社のファーストクラスを紹介した「ファーストクラスTRAVEL GUIDE」(イカロス出版)というムックで、チェックインカウンターから空港ラウンジ、機内でのウェルカムシャンパンにすてきなお食事、リラックスウエアに着替えて眠るダウンタイムまで、ファーストクラスを丸々体験リポートしたのです。想像していた以上の豪華さにびっくりしました。

飛行機好きでなくても「一度はファーストクラスに乗ってみたい」という人は多いのではないでしょうか。先日、就航したANAのA380でも、同社のホノルル線としては初めてファーストクラスが導入され、話題になっています。

そのファーストクラスに設置されたシートも最新モデルです。実機に乗ってハワイへ行くことはできませんでしたが、モックアップという座席の見本であれこれ体験することができました。そんな「新ファーストクラス」(のシート)について、私が感動したポイントを、5つに絞ってご紹介していきましょう。

■これまでにないダントツの個室感

A380の座席は、スライド式の扉を閉めると、個室感がものすごいんです。隣の座席はもちろん、通路を歩いている人の目線も感じません。

扉を閉めた状態は、飛行機の座席というよりはお部屋です。この個室感だけでも、ファーストクラスに乗る価値があると感動しました。思わず「マンガ喫茶の個室よりも個室感ある!」といって、広報の人たちを苦笑させてしまいました。

■座席の座り心地が絶妙

2つめは「座り心地」。さすがファーストクラス、座席の座り心地もファーストクラスです(あたりまえ?)。

MONO TRENDY 新着記事

MONO TRENDY 注目トピックス
日経クロストレンド
個店開拓の領域 QR決済事業者は3陣営に収れん?
日経クロストレンド
KDDI社長が先読み 5G時代はリカーリングが全盛
日経クロストレンド
コンビニを侵食 ドラッグストアは「小売りの王者」
日経クロストレンド
楽天OBがアットコスメでバカ売れ施策 その内容とは
ALL CHANNEL