N
出世ナビ
人事を変えるテクノロジー

2019/7/31

人事を変えるテクノロジー

従業員の満足と顧客の満足は連動、データで示す

「分析の結果、『従業員満足度が高まった支社では、顧客満足度も高まる』といった傾向があるとわかりました。また、個人の満足度や仕事の成果などから計算した評価点が高かった『活躍社員』の比率は、18年度には前年度より1.6ポイント上がりました。社員全体の時間あたり粗利益の増加率も、前年度に比べて6.6ポイント上昇しました。社員の満足度と会社の業績が連動することが数字で示せたと思います」

――HRテックの新しい施策はありますか。

「AIが個人のレベルに合わせた学習コンテンツをすすめる」と話す山田氏

山田氏「人材育成や採用などの分野で新たにHRテックを導入しています。人材育成では、営業職向けに『プロ認定制度』を始めました。職種ごとに能力を8段階で設定し、社員は一番上の『プロ』を目指します。知識やスキルを磨いてプロに近づくほど、職場での資格や階層が上がる仕組みです」

「eラーニングのシステムを利用しており、モバイル端末に、営業に関する教育コンテンツを流します。製品の基礎知識に始まり、顧客価値はどう作るのか、SEにとってのマネジメントとは? など約120項目を幅広くそろえました。AIが、その人のレベルに合わせたプログラムをすすめます。教材は5分以内の動画なので、ちょっとした空き時間を使って学べます。数年前にSEに先行導入し、19年度から営業とCEに広げました」

「この9月からは、社員の能力や経歴などのデータを人材の適正配置や育成に生かすタレントマネジメントシステムを試行します。タレントパレット社のシステムを当社向けに設定変更し、社員の属性や職歴といった人事データ、モチベーションなどのエモーショナルデータ、ストレスなどのメンタルヘルスデータを集め、入力するところから始めていきます。将来は労務分析や離職防止策を立てるといった用途に加え、経営陣が人材を探したり、人事戦略を立てたりするのにも活用できるようにしていきたいです」

次のページ
新卒採用や人事面談にも 技術の活用法探る
ブックコーナー ビジネス書などの書評はこちら