スマートディスプレー 一気に安く、動画・時計も魅力西田宗千佳のデジタル未来図

Amazon Echo Show 5
Amazon Echo Show 5

スマートスピーカーにディスプレーをつけた「スマートディスプレー」が、ヒットしそうな気配だ。ブレークの理由は「価格」と「サイズ」だ。世界的にニーズ減速が伝えられるスマートスピーカー。ディスプレーがついて小型製品が出ることで、市場はどのように変わるのだろうか。

低価格Echo Showで成功の再現狙うアマゾン

2019年6月26日にアマゾンが販売を始めた「Echo Show 5」は、なかなか衝撃的な製品だ。

なにしろ価格が安い。通常時の価格は9980円(税込み、以下同)。さらに、7月15、16日に開催されたアマゾンの特別セール「プライムデー」では、5980円で販売された。

では安物で使い勝手が悪いのかというとそんなことはない。極めてよくできている。すでに発売済みの10インチディスプレーを搭載した上位モデル「Echo Show」(2万7980円)に劣らない機能を持ち、圧倒的にコンパクトだ。筆者も使っているが非常に完成度が高い。

Echo Showシリーズは、スマートスピーカー「Echo」にディスプレーをつけたモデルだ。

スマートスピーカーは音声で命令し、それに対し音声で応答する。ちょっとした問いかけに答えてくれたり、音楽を再生したり、連携する家電製品を動かすには便利なものだが、欠点もある。それは「レスポンスが音声に限られる」ということだ。

ニュースやショッピングなどでは、情報を文字や写真で見たいこともある。音楽だけでなく動画を見たいときもあるだろう。また、顔を見ながらビデオ通話をしたいときもあるはずだ。常に「時計」が見えるのも大きい。スマートスピーカーはアラーム代わりにはなっても、時間がすぐに見られない。ディスプレーがあれば普通に時計として役に立つ。

アマゾンのスマートディスプレーとしては、日本でも18年から、丸い小型ディスプレーを備えた「Echo Spot」(1万4980円)、「Echo Show」が販売されている。

Echo Show(右)とEcho Spot(中央)

そこに登場したのがEcho Show 5である。ディスプレーを5.5インチに変え、コンパクトにすることで大幅な低価格化を実現している。

なぜこのような製品を出したのか? アマゾンはすでに米国でこの手法を使った成功体験があるからだ。米アマゾン・ドット・コムでデバイス関連事業を担当する、アマゾン・デバイスのミリアム・ダニエル バイスプレジデントは、次のように説明する。

MONO TRENDY連載記事一覧