映画『風をつかまえた少年』 14歳の発明が開いた扉恋する映画 原作者ウィリアム・カムクワンバ氏インタビュー

原作者のウィリアム・カムクワンバ氏
原作者のウィリアム・カムクワンバ氏

夏休みに入り、子どもと向き合う時間が増えたときこそ、親子で同じ感動を味わって絆を深めたいところ。そこで、子どもと一緒に見たい映画としてオススメしたい話題作は、8月2日より公開の『風をつかまえた少年』。

アフリカ最貧国といわれるマラウイで、貧困のために学校にも通えなくなった14歳の少年が独学で風力発電を作り出す奇跡の実話が基になっている。2010年に出版された同名の自伝は、世界中でベストセラーとなっており、日本でも英語の教科書に取り上げられているほどだ。そこで今回は、来日したウィリアム・カムクワンバ氏本人に、偉業の裏側で感じていた思いや勉強の大切さについて語ってもらった。

人は持っているものの大切さに気が付きにくい

――14歳で風力発電を完成させて以降、米国に留学することになったり、米タイム誌の「世界を変える30人」に選ばれたりと、大きく人生が変わったと思います。ここまでを振り返ってみて、どう感じていますか?

ウィリアム・カムクワンバ氏(以下、ウィリアム):とにかくエキサイティングな人生だと思っています。風車を作っているときは、まさかこうして日本でインタビューを受けるようなことになるなんて、想像もしていませんでしたから。当初は、自分たちが直面している問題を何とか解決したいという思いだけで風車を作っていました。それがこうしていろんな可能性につながっていることには、喜びを感じています。

『風をつかまえた少年』(C) 2018 BOY WHO LTD / BRITISH BROADCASTING CORPORATION / THE BRITISH FILM INSTITUTE / PARTICIPANT MEDIA, LLC

――マラウイでは望んでも学校に行けない子どもたちが多くいるそうですが、日本では恵まれているにもかかわらず、勉強することの意味や大切さを理解できていない子どももいるように感じます。どうすればウィリアムさんのように自らの意思で勉強に興味を持ってくれるようになるのでしょうか?

ウィリアム:僕からアドバイスできることがあるとすれば、まず「人は自分が持っているものの大切さに気が付きにくい」ということです。だからこそ、恵まれた環境で勉強できる日本の子どもたちには、勉強したくてもできずにつらい思いをしている子どもが世界にはたくさんいるという事実を知ってもらうというのもひとつだと思います。

あとは、「勉強は親のためにしているのではなく、未来の自分のためにしているんだ」と感じさせることも大切。とはいえ、それは「よりよい仕事につながるから」といった結果論のためではありません。それよりも、自分が興味のあること、もしくは自分なりのゴールに向かうためにはどうアプローチしていったらいいのかということについて、学びを通して考える必要性を教えることです。

――そのために、親としてできることはありますか?

ウィリアム:子どもたちが何を達成したいと思っているのかということに、きちんと耳を傾け、一緒に考えてあげることが重要。特に、小さい頃は興味もどんどん変化していくものなので、そうなったときにいろんな情報を彼らのために見つけて、用意してあげるのはいいことだと思います。子どもたちの考え方がいろいろと変わるときこそ、親もオープンで柔軟性のある対応ができるということが大事なんじゃないでしょうか。