エンタメ!

パラビタイム

反町隆史が弁護士役 中小企業を再建、いのちを救う ドラマ「リーガル・ハート」主演

2019/8/5

Paravi

テレビ東京で7月22日(月)に放送を開始したドラマ「リーガル・ハート~いのちの再建弁護士~」。本作は、「いのちの再建弁護士 会社と家族を生き返らせる」(角川文庫/KADOKAWA刊)が原作で、本著の作者であり今も現役で闘う弁護士・村松謙一氏をモデルに、実話からインスパイアされた熱いドラマを展開。日本の企業の99.7%を占めるという中小企業を、年間8000件以上に及ぶ倒産から救うことに心血を注ぐ弁護士の姿を描いていく。

そんな骨太で熱いドラマの主演を務める反町隆史が、実際に村松氏に会った時の印象や演じる際に意識していることなどを語ってくれた。

――村松先生とお会いしたと伺ったのですが、ご印象はいかがでしたか?

「ドラマに入る前に人柄や人に対しての接し方、どういう雰囲気なのかというのを知りたいということもあり事務所の方に話を聞きに行きました。すごくよく話をされる方なんですよね。弁護士という方は仕事柄よくしゃべられるのかなと思うんですけど、心の壁がなくて、どなたにも開放的。それは誰に対しても同じように接していて、すごく開放的な印象があったので、演じる時の参考にさせていただきました」

企業の再建に心血を注ぐ弁護士役を演じる。モデルの弁護士について「誰に対しても同じように接し、すごく開放的な印象」と語る

――村松先生の人との接し方や人物像を本作ではどう描いているのでしょうか?

「先生が場を和ませてくれたり、気を使ってくださったりしながらも芯が熱い方なので、それに基づいた形で僕も監督も本のつくりも進めていて、ただ熱いだけではなく、信念や弱さも交ぜながら描いています。先生実際に娘さんが亡くなっているんですけど、人が持つ弱さやそれを乗り越える強さを表現できたらいいなと思っています」

「1話でもある、銀行に対して説明したりするバンクミーティングのシーンは撮影でもすごく圧を感じたんですけど、実際の威力はものすごいそうで、徹底的に叩かれていると聞いたので、何度打ちのめされても這い上がっていく、その部分を上手く出せたらと思っています」

――熱血的な村松先生の原動力はどこから来ていると思いますか?

「できるだけ『できません』ということは言いたくない」

「先生の本を読ませていただいた時に、昔『野球をやっていた』というのが書いてあったので、基礎体力がある人なんだというのが印象にありました。僕は小学校2年生くらいから中学までずっとサッカーをやっていたんですけど、昔の部活ってすごくきついんですよね。根性勝負みたいなところがあって、『とりあえず我慢しろ』みたいな(笑)。そういうところでしょうか。多少先生の方が上なんですけど、同じ時代にそうやって『我慢する』という美学を学んできて、そして人に対して『できません!』と言わないというのは僕自身も常に思っているので勝手に共感しています」

エンタメ! 新着記事

ALL CHANNEL