時計

東京五輪公式時計オメガ、東京駅にカウントダウン時計 開幕まで1年 記念の限定モデル2種も

2019/7/24

東京五輪開幕までの時を刻むカウントダウンクロック=24日午後、東京都千代田区

2020年東京五輪の開幕まで1年となった24日、大会公式時計を担うスイスの高級時計ブランド「オメガ」は、JR東京駅(東京・丸の内)の駅前広場に、オリンピック・パラリンピック開幕までの残り時間を刻む「カウントダウンクロック」を設置した。

駅舎前の丸の内中央広場に設けられた大型時計は、高さ約4メートル、幅約3.2メートル、重さ約3.5トンのデジタル式。大会エンブレムと昇る朝日をモチーフにしたデザインを採用した。片面は五輪開会式まで、もう一方の面は来年8月25日に始まるパラリンピックまでのカウントダウンを表示する。

この日の発表会には、大会組織委員会の森喜朗会長、東京都の小池百合子知事、JR東日本の深沢祐二社長らが出席。オメガを傘下に持つスウォッチグループの日本法人、スウォッチグループジャパンのクリストフ・サビオ社長は「公式タイムキーパーとして、世界最高のアスリートが集う大会で、世界最高峰の技術を示したい」とあいさつした。

カウントダウンクロックはステンレス製で、高さ約4メートル、幅約3.2メートル、重さ約3.5トン。スポーツ競技の計測機器などを手がける「オメガ タイミング」がスイスで製作した。

オメガは同日、東京五輪を記念した2種類の限定モデルを発表した。大会エンブレムをモチーフにした「シーマスター アクアテラ 東京2020 リミテッド エディション」と、日の丸をイメージした「シーマスター プラネットオーシャン 東京2020リミテッド エディション」で、それぞれ世界限定2020本。

シーマスター アクアテラ 東京2020 リミテッド エディション ケース:直径41mm、ステンレススチール、150m防水 駆動装置:機械式自動巻、パワーリザーブ60時間 税別価格:67万円 世界限定2020本
シーマスター プラネットオーシャン 東京2020 リミテッド エディション ケース:直径39.5mm、ステンレススチール、600m防水 駆動装置:機械式自動巻、パワーリザーブ55時間 税別価格:80万円 世界限定2020本 

オメガは1932年以来、28大会でオリンピックの公式タイムキーパーを務めていて、東京五輪は29回目の大会となる。

「時計」記事一覧

Watch Special 2019

日経電子版 NIKKEI STYLE Men's Fashion 「Watch Special 2019」ではSIHHやバーゼルワールドといった国際時計見本市で発表された新作腕時計レポートに加え、今年のトレンドやビジネスマンに向けた腕時計の基礎講座など幅広いコンテンツを提供しています。

>> Watch Special 2019はこちら

Latest