朝3行日記で育む なりたい自分イメージトレーニング学びを成果につなげるための「ひとり朝活」主義(最終回)

「朝の3行日記」でその日にどう終わりたいかを想像する(写真はイメージ=PIXTA)
「朝の3行日記」でその日にどう終わりたいかを想像する(写真はイメージ=PIXTA)

「今の仕事はつぶしがきかないからもっとスキルアップしなければ」といった恐怖感からやみくもに勉強をはじめると、ますます機械に代替される人材になると「朝活のプロ」池田千恵氏は指摘します。これからの時代に必要なクリエーティブの源泉である「楽しさ」「わくわく感」を朝30分で育む方法について池田氏が解説します。

「つぶしがきかない」は思考停止のはじまり

今まで専門性が高く、機械に代替されることはないと思われていた業界から、雪崩のように人工知能(AI)やRPA(ロボティク・プロセス・オートメーション=ホワイトカラーの単純な間接業務を自動化する技術)による機械化が進んでいます。2019年7月7日の日本経済新聞記事「離婚や事故…ネットで民事紛争解決 法改正も視野」によると、政府は離婚や交通事故といった民事紛争を、AIを活用しインターネット上で解決する仕組みづくりに乗り出すそうです。

つぶしがきく専門の知識や資格を得るためにたくさん勉強し、暗記し、問題解決力を高める努力をしている人は多いのではないでしょうか。しかし、こうした人ほど、かえってつぶしがきかなくなっていく現状を誰が予想したでしょうか。このような背景のもと、自己分析をし直して今後のキャリア形成を考えるコミュニティー「朝キャリ」を主宰する当社のもとには、ずっと真面目に一生懸命勉強を頑張ってきた人たちからの相談が増えています。その内容は「今の仕事では今後つぶしがきかなくなるのではないか」「これからどうしたらよいのか」というものです。

ここで慌てたり焦ったりして、手当たり次第に「つぶしがきく」自分になるためのスキルアップをはじめる前に、ぜひ覚えておいてほしいことがあります。今の仕事を「つぶしがきかない」という言葉でジャッジし、解決策を外に求める先には「勉強の沼」が潜んでいる、ということを。

勉強の沼にはまると抜けられない

真面目で一生懸命な人ほど陥りがちな「勉強の沼」とは次のようなものです。

1. 今の仕事だとつぶしがきかないから他の仕事をしよう
2. 他の仕事をしようにも自分にはスキルが足りないから、スキルを得るために勉強しよう
3. 勉強すればするほど自分の「底の浅さ」に気付いてしまった。さらに他の勉強を続けよう
4. 結局、広く浅くで何も身につかずに時間だけが過ぎていく

絶対的な正解を求め、答えを探して勉強する時代がまもなく終わります。にもかかわらず、勉強する解決法しか知らないがために、人生の正解が自分の外にあると思い込み、他の勉強に時間を費やすのはもったいないことです。

私は「つぶしがきかない」という言葉こそが、自分で自分の仕事をつぶしがきかないものにする「呪いの言葉」だと考えています。「つぶしがきかない」という恐怖や「何かしなければ」という義務感からはクリエーティブな発想は生まれないからです。

AIやRPAの発展により単純作業が減れば、創造性が発揮できることに多くの時間が割けるようになります。結果残るのは革新的なアイデアや、周りがわくわくしてどんどん巻き込まれていくようなミッションなど、人間にしか創造し得ない価値です。「つぶしがきくように」「逃げ遅れないように」という恐怖感や義務感からのスキルアップを考えれば考えるほど、クリエーティブなアイデアの源泉である「楽しさ」「わくわく感」「誰に止められてもついついやってしまうこと」からはかけ離れていってしまうのです。