伊モレスキンの新作バッグ モバイル仕様を深化

2019/7/23
人気のバックパックをコレクション化。バックパックコレクションは2万円前後とてごろ。自立する形が好評
人気のバックパックをコレクション化。バックパックコレクションは2万円前後とてごろ。自立する形が好評

伊モレスキンはスタイリッシュなノートで知られるブランドだ。日本でもノートは幅広い支持を集め、メモ術の著書がベストセラーとなった、配信サービス会社、SHOWROOM代表の前田裕二さんらビジネス界での愛用者も多い。文具ブランドとして日本では圧倒的にノートが有名だが、意外なヒット商品がバッグだ。中でも数十種類を展開するバックパックは、パソコンなどを手軽に運べる軽さと機能性、手ごろな価格でヒットを飛ばす。端末を持ち歩くビジネスパーソンの増加が追い風となり、世界ではモレスキン全体の売り上げのうちバッグは35%を占めるほどに成長しているという。7月から秋にかけて発売される新作を見ていこう。




バッグの展開を始めたのは2011年からで最初はバックパックからスタートした。モバイル端末を持ち運ぶことを前提に、出し入れしやすい構造、軽さなどを重視。シンプルですっきりしたデザインへの支持も高い。端末を持ち歩いて仕事をする人が増えていることから売り上げが拡大し、現在では数十種類を展開する。素材はキャンバスやナイロンや本革など。もっとも高い本革製で3万円程度、多くは1万円台だ。