新たな道探し続けて友達1000人超 ルネサンス斎藤会長

今も体を鍛えるのが趣味という斎藤敏一ルネサンス会長
今も体を鍛えるのが趣味という斎藤敏一ルネサンス会長

フィットネスクラブ大手のルネサンス。会長の斎藤敏一氏は京都大学工学部を卒業後、スイス連邦工科大学に留学した大日本インキ化学工業(現DIC)のエリート技術者だった。しかし、社内で同好会などを次々に発足させ、1979年にルネサンスの前身の会社を起業した。現在は自治体や企業等での健康づくり事業、介護リハビリ事業まで手掛け、「働きがいのある会社」のランキングに7年連続でランク入りする。「後期高齢者の仲間入りした」と笑う75歳の斎藤氏。充実したシニアライフをおくる起業家の軌跡を追った。

エリート技術者、スポーツクラブを経営

「我々は『口式テニス』なんですよ。仲間は80歳から若くても60代だから、おしゃべりを楽しみながらテニスをやる。だから硬式ではなくて口式です」。今も毎週日曜日はテニスコートに立つ斎藤氏。月2度はジムで汗を流し、社用車はなく、とにかく歩く。スマートフォンを使いこなし、自らコピーをとるなど雑務も1人でこなす。「経営者としても運が良くて恵まれていた。ストレスを感じたことはあまりない」とほほ笑むが、起業家としての人生は紆余(うよ)曲折があった。

もともと斎藤氏は東北の名門高校、仙台二高から京大に進学して有機化学を専攻、DICでは海外留学生第一号として将来を嘱望された化学者だった。スイス連邦工科大は物理学者アインシュタインも学び、現在まででノーベル賞受賞者が21人という欧州屈指の名門校だ。

なぜ、化学者の道からスポーツクラブの経営者に転じたのか。

「欧州留学がきっかけ。かれらは仕事ばかりではなく、余暇も楽しむ。ランチにも2時間かける。イタリアのフィレンツェ出身の友人と冬休みにレオナルド・ダ・ヴィンチなど巨匠の作品を見て回ったが、衝撃を受けた。画家や彫刻家だけではなく、科学者としても知られている。『ルネサンス』という言葉が心に響いた。私も単なる『化学屋』ではダメだ。多彩で豊かな人生を送らないといけない」と感じたという。

しかし、当時の日本はモーレツサラリーマン時代。帰国後、斎藤氏も研究所で働きながら、度々徹夜する日々が続いた。残業や土日勤務は当たり前、でも、留学時代に経験した勤務時間内に仕事を終え、自由な時間を大切にする欧州のライフスタイルは忘れられない。休日ぐらいは余暇に使おうと考えていたときにテニスと出会い、社内サークルを立ち上げた。落語同好会も発足させて、「遊び亭一生」と名乗り活動を始めた。