「国歌独唱」は歌い出しの音が一番難しい(井上芳雄)第48回

日経エンタテインメント!

井上芳雄です。今月、先月と名誉な出来事が続きました。7月12日には東京ドームでの「マイナビオールスターゲーム2019」第1戦で国歌独唱。6月10日にはオーストリア政府から「オーストリア共和国有功栄誉金章」をいただきました。ウィーンミュージカルの成功で、オーストリアの歴史・文化を広めた功績とのことです。どちらも、歌手として、俳優として誇らしいことで、これを励みに頑張りたいと思っています。

7月12日に東京ドームで開催された「マイナビオールスターゲーム2019」第1戦での国歌独唱 (C)NPB/BBM2019

国歌独唱は、2017年に地元・福岡のヤフオクドームでの福岡ソフトバンクホークスのプロ野球開幕戦で歌って以来、2回目です。前回もそうでしたが、緊張しました。歌うのは1分くらいですが、東京ドームだと4万人を超えるお客さまを前にするので、ふだんの舞台とは桁が違います。しかもオールスターゲームの初戦とあって独特の熱気。夢を見ているというか、実感があまりないまま終わってしまったような気もします。

当日は、昼にリハーサルを1回して、次がいきなり18時55分からの本番です。『君が代』はアカペラで歌うので、どの音で歌い出すかが一番難しく、緊張します。何の音から始めてもいいのですが、音程がどんどん高くなるので、高いところから始めるとあとできつくなってしまいます。落ち着いて普通に歌えば難しくないのかもしれませんが、ドームの残響がすごいので、あの場で冷静に歌うのはけっこうハードルが高かったです。

『君が代』は一般的にはドレミのレの音から始まります。なので僕は、グラウンドに入るまでスマホでレの音を聞いて、「き、き、き」と出だしを言いながら、頭の中でずっと音を鳴らしていました。それでもちょっと違う音が出てしまいます。グラウンドに入ると、今度は選手の紹介で大歓声が上がっていて、音をとるのが大変でした。

(C)NPB/BBM2019

いざ国歌独唱が始まると、心の中で「この音で大丈夫だ」と自分に言い聞かせて、勇気を出して歌い出しました。始まったら、たっぷりと歌うよう心がけました。歌っていると、自分の足元のスピーカーから出ている音と、球場に回っている残響の両方が聞こえてきます。音が重ならないように、残響が消えてから次のフレーズを歌うようにしたので、たっぷり歌ったと思います。すぐに終わってしまっても味気ないですしね。ただ、『君が代』の歌い方として、それが正解かどうかは分からないですけど。

2回目でも国歌独唱は緊張しますが、歌手として名誉なことで、貴重な経験をさせていただきました。もういつでも歌えるという、自分の中でのちょっとした自信もつきました。