ライフコラム

ヒットを狙え

モスバーガーにも登場 植物由来の代替肉は普及する?

日経クロストレンド

2019/8/19

台湾のモスバーガーで販売しているハンバーガー「MOS Burger with Beyond Meat」。ビヨンド・ミートの代替肉パティを使用した。日本での発売も検討している
日経クロストレンド

欧州や米国では、新たな食材として代替肉が急速に浸透している。植物由来の素材を使用することからプラントベースフードとも呼ばれる。これらの地域では、ベジタリアンやビーガン(完全菜食主義者)など野菜だけを食べる人が珍しくない。また、普段は肉も野菜も食べるが、時々野菜だけを食べる日を設ける「フレキシタリアン」という食のスタイルも広がりを見せている。そのため、代替肉メーカーが続々と登場。代替肉専用の売り場を設けるスーパーも増えている。

米国では、代替肉ハンバーガー用パティを販売するビヨンド・ミートが、2019年5月2日にナスダック市場に上場し、株価が高値を付けたことで注目を集めた。こうした海外の動向を受けて、国内でも、代替肉を導入する飲食店などが徐々に増え始めている。

■モスバーガーが台湾で代替肉を導入

モスバーガーを運営するモスフードサービスは、台湾の一部店舗でビヨンド・ミートの代替肉パティを使用したハンバーガー「MOS Burger with Beyond Meat」を19年6月6日に5店舗で発売した。売り上げは予想以上で、販売店舗の拡大を目指す。「台湾では健康への意識が高いお客さまが多く、代替肉を使ったハンバーガーとの相性はいい。日本での販売も検討している」とモスフードサービスの安藤芳徳・執行役員マーケティング本部長は話す。

同社は、いち早く代替肉を導入した外食企業の一つ。15年に大豆を主原料にしたパティを使用した「ソイパティモスバーガー」を販売。現在も継続販売している。ただし、このパティは肉を使っていないが、味や食感を整えるため一部つなぎとして動物性のゼラチンを用いていており、完全なプラントベースではない。

ソイパティを使用した「ソイパティモスバーガー」(税込み370円、以下同じ)

「ハンバーガーはジャンクフードというイメージを持たれている。我々には、野菜をたっぷり使ったハンバーガーをたくさん食べてもらいたいという思いがある」と安藤執行役員は話す。そうした思いを反映する商品として同社は、野菜をふんだんに使用した「モス野菜バーガー」や「モスの菜摘(なつみ)」といった商品を発売してきた。これらのラインアップにビヨンド・ミートのパティが加わることで、さらに健康的なブランドイメージをアピールできる。

ライフコラム 新着記事

ALL CHANNEL