太らない脳に変える 30秒食事見るだけダイエット

日経ヘルス

自動操縦のように漫然と食べる、スマホを見ながら食べる。そんな食べ方が食欲の暴走を加速させる。「ダイエットは食前の30秒から始まる。『いま、ここ』にある食べ物に目を向けることによって、食感や味の変化、満足感を味わえるようになるのが『30秒!食事見るだけ』という方法」と久賀谷さん。30秒間の余白を作り、食べるものと向き合う。そして「食べたい度」を数値化する。

ただこれだけのことなのに、いつもより何倍も食べ物の食感を感じ取ることができ、満足感が高まる。「繰り返すうちに、何が足りていないかに気づき、必要十分量を補える脳になる」(久賀谷さん)



脳科学ダイエットの方法は「30秒、食事見るだけ」。さあ、食べようという前に、(1)食べるものの外観やにおいを観察し、この食べ物がどこからやってきたかを30秒間考える。(2)どれくらい食べたいのかを10段階の数字で表す。(3)どうして食べたいのかについても考える。このプロセスによって、「食べたい」衝動が暴走しない脳になる!
(1)目の前の料理を一つひとつ観察する。この食材がどう育ち、どこから来たか、どう調理されたかを考えてみる。30秒ほど観察する。(2)ゆっくり呼吸をして、今度は観察していた食べ物から、自分の体の内側の感覚に意識を向ける。気持ちが落ち着いていく
(3)空腹感に意識を向ける。最高レベルの空腹感を「10」とすると、いまのおなかの空き具合はどのくらい? 冷静に、数値化してみよう。(4)「どうして食べたいのか」、理由を考える。ただ目の前にあるからではなく、「食べたい」という思いに集中し、ここで「いただきます」
注目記事