マネー研究所

ポイント賢者への道

ファミマでもスマホ決済 お得なポイント獲得方法は ポイント賢者への道(123)

NIKKEIプラス1

2019/7/24

1日に始まったコード決済「セブンペイ」で不正利用被害が明らかになりサービス正常化が待たれる状況です。その陰であまり話題になりませんが、同じ日にはファミリーマートが「ファミペイ」を始めました。同店舗でよく買い物をする人のためにファミペイの賢い利用法を紹介します。

ファミペイは店舗レジで現金によりチャージするか、ファミマTカードというクレジットカードからチャージして利用します。支払時に基本的に0.5%相当がボーナスとして還元されます。7月末まではキャンペーンにより現金チャージ時に10%(ファミマTカードは15%)分が還元されます。獲得したボーナスは改めてチャージの操作をすることで残高となり次回の支払いに使えます。

ファミリーマートは共通ポイント「Tカード」の加盟店でもあります。支払時にTカードを提示すれば0.5%分のTポイントが付き合計還元率は1%になります。ファミペイは11月以降ポイントカードとしての機能が加わる予定でdポイントや楽天スーパーポイントも獲得可能になります。

7月末にキャンペーンが終われば基本還元率は前述の通り0.5%になります。ファミリーマートではファミペイ以外にも利用可能なコード決済があります。例えば楽天ペイはクレジットの楽天カードをひも付けて支払うと通常1.5%分が還元され、もっと有利です。楽天ペイは9月末まで独自キャンペーンを実施しており5%還元です。

ちなみにセブンイレブンでは7月からペイペイ、LINEペイ、メルペイという3種のコード決済が利用可能になりました。実質的にサービス停止中のセブンペイではなく、これらを使えば比較的高い還元を受けられます。3つは合同の還元キャンペーンを8月12日から始める予定です。

菊地崇仁
北海道札幌市出身。1998年に法政大学工学部を卒業後、NTTに入社。社内システムやLモードの料金システムの開発などに携わり、2002年に退社。同年、友人と共に起業し、システムの設計・開発・運用を行う。06年、ポイント交換案内サービス・ポイ探の開発に携わり、11年3月代表取締役に就任。一般からプラチナまで、57枚のクレジットカードを所有。

[NIKKEIプラス1 2019年7月20日付]

マネー研究所 新着記事

ALL CHANNEL