powered by 大人のレストランガイド

伊フランチャコルタ 多彩な個性育む世界一厳しい製法エンジョイ・ワイン(15)

カデルボスコの貯蔵庫
カデルボスコの貯蔵庫

イタリアのスパークリングワイン「フランチャコルタ」が短期間で最高級の評価を得たもう一つの大きな理由は、製法に関する厳しい規定だ。ただ、規定さえ守れば、あとはどう造ろうと生産者の自由。そのため、一口にフランチャコルタと言っても、多様な味わいがある。いろいろなフランチャコルタを飲み比べながらお気に入りの1本を見つけるのも、楽しみ方の一つだ。

「フランチャコルタの規定は世界一厳しい」。現地で、生産者から何度も聞いたフレーズだ。ライバル視するフランスのシャンパンを念頭に置いたその短い言葉に、フランチャコルタの生産者の自信とプライドが凝縮されているように感じた。

欧州の主要なワイン生産国はワインの品質を維持・保証するため、昔から産地ごとに、原料ブドウの種類や栽培方法から、発酵の仕方、出荷前の熟成期間に至るまで詳細な規定を設けている。生産者はそれらを順守しなければならない。

フランチャコルタも例外ではない。例えば、使用できるブドウはシャルドネ、ピノ・ネーロ、ピノ・ビアンコ、エルバマットの4種類だけ。しかも、複数のブドウをブレンドする場合、ピノ・ビアンコは50%、エルバマットは10%を超えてはいけないなど、さらに細かい規定がある。また、1ヘクタール当たりの収穫量は12トンまで。単位当たりの収量が多すぎると、一粒一粒の糖度が下がるなどして、ワインの質の低下につながるからだ。

発酵の方法も同様。スパークリングワインは通常、ブドウを発酵させて造ったワイン(ベースワイン)に、酵母と、酵母の栄養となる糖分などを加え二次発酵させて造るが、フランチャコルタはその二次発酵を、ベースワインを入れた瓶の中でしなければならない。タンク内で二次発酵させるより高い技術が必要でコストもかかるが、そうしないと焼き菓子やトリュフをイメージさせるような独特で複雑な風味が出てこないからだ。

だが、瓶内で二次発酵させるのはシャンパンも同じ。フランチャコルタの生産者が「世界一厳しい」と強調するのは主に、二次発酵後から出荷するまでの熟成期間に関する規定についてだ。

メールマガジン登録
大人のレストランガイド