WOMAN SMART

ライフスタイル

がん克服した女性のライフシフト 人生の仲間と進む旅

日経ARIA

2019/7/24

■51歳でがんを発症し、「後悔しない人生を」と決意

チュニジア産の美しいキリムを輸入販売する「Lone Toujane(ローヌ トゥジェン)」を立ち上げた佐藤惠理さんのライフシフトは、自身の病気が「使者」となって始まりました。

第2子出産後、子育ての難しさに深刻なうつ状態となった佐藤さん。40歳の時にパート事務職として社会復帰の一歩を踏み出したものの、心身の不調は続きます。

転機は51歳の春、甲状腺がんを発症した時です。

入院して一人病室の天井を見つめて思ったことは、「人間死ぬ時は一人。あの時トライしておけばよかったという後悔は残したくない」ということ。「後悔しない自分らしい人生」。それが佐藤さんの目的地となったのです。

がんを乗り越えた佐藤さんは、その3カ月後の6月、行きたかったチュニジア南部を旅します。そして「何かを見つけたい」という思いが通じたのでしょう。旅の最終日に、「寄贈者」が登場します。旅の間お世話になった運転手さんが、家族が作ったというキリムをプレゼントしてくれたのです。佐藤さんはその色彩の見事さに目を奪われ、帰国時の機内で「まだ知られていないチュニジア産キリムを日本に紹介しよう!」と決意します。

とはいえ当時は言葉も話せず、商売も未経験。「何か得られるかも」と思い、ガイドブックから情報を得た神戸のチュニジア雑貨店「ダール・ヤスミン」へ東京から3時間かけて足を運んだところ、その店頭には偶然にもガイドブックの著者で店の経営者でもある道上朋子さんが、本拠地チュニジアから戻ってきていました。「ともだち」との出会いです。

■ゼロから「ともだち」との旅が始まる

佐藤さんのライフシフトはここから一気に進みます。秋には事務職を退職し、長期滞在を可能にしてチュニジアへ渡り、道上さんとの協働を開始。12月には何のスキルも知識もないままパソコンを買うところから始めて、チュニジア産キリムを販売するウェブショップを立ち上げてしまったのです。

それから5年、佐藤さんはチュニジアと日本を往復しながら、キリムの輸入販売・製品開発のみならず、織り手である女性たちやその子どもたちの支援など、チュニジア全体の振興に寄与する社会起業家として奮闘中です。

左/キリムを抱える佐藤さん 右/キリムの織り手は女性が多く、その子どもたちの支援にも力を入れている

佐藤さんは、まさしく自分らしい悔いのない人生を歩んでいます。夫や子どもたちも、不安定だった母親の突然の子離れ、そして未知の世界への挑戦に驚きながらも「支援者」として応援してくれているそうです。唯一、高齢の両親が「門番」として「一家の主婦が長いこと家を空けてあちこち飛び回るのはいかがなものか」と苦言を呈したそうですが、佐藤さんが生き生きと働いている様子を見てもらうことで安心してもらっているといいます。

■情熱が、旅の仲間を引き寄せる

さまざまな「旅の仲間」と共に、ライフシフトを進めていった佐藤さん。がん発症を「起こることには意味がある」と受け止め、悔いのない人生を歩もうと決めたことが、心からほれ込める「キリム」との出合いにつながりました。それにしても「キリム」に出合った後の佐藤さんは別人のようにパワフル。「キリムを日本に広めたい」という情熱がエネルギーとなり、自ら動いて「ともだち」を引き寄せ、家族を「支援者」にしていきました。

「私もここまで情熱を傾けられる何かを見つけたい」――そんな思いを抱いた人も多いのではないでしょうか。

河野純子
ライフシフト・ジャパン執行役員。リクルートで『とらばーゆ』編集長を務めたのち、住友商事に転身し、新規事業開発に取り組む。2017年にライフシフトし、海外留学を経て、2018年慶応義塾大学大学院政策・メディア研究科に在籍、同時にライフシフト・ジャパンに参加。学生として「ライフシフト学」を研究しながら、個人事務所にて事業開発コンサルティング・プロデュース活動を再開。共著に『実践! 50歳からのライフシフト術』(NHK出版)

■ライフシフト・ジャパン
https://lifeshiftjapan.jp/

(取材・文 河野純子、イメージ写真 鈴木愛子)

[日経ARIA 2019年4月11日付の掲載記事を基に再構成]

WOMAN SMART 新着記事

WOMAN SMART 注目トピックス
日経doors
婚活でやってはいけないこと 高学歴女子が陥りがち
日経DUAL
手軽なツールSNS 疲れずに仕事人脈をつくるコツ
日経ARIA
東川町に単身移住。不安、不便、不足だらけでも毎日
日経doors
『サードドア』著者バナヤン氏(下) 不安と友達に
ALL CHANNEL