MONO TRENDY

モノ・フラッシュ

睡眠中に角度が変わるベッド 硬さを調整、眠りも測定 奈津子の家電選び後輩目線

2019/7/25

「眠りへの最適解」を追求したベッドを奈津子さんが実際に眠って体験した

医療・介護用寝具で知られるパラマウントベッドから、眠りにつくときと眠った後で、ベッドの角度が自動的に変わるというベッドが登場した。「眠りへの最適解」を追求して生まれたというこのベッドの「寝心地」を確認するため、家電総合アドバイザーの資格を持つ「家電女優」の奈津子さんがホテルで実際に一晩を過ごしてみた。

◇  ◇  ◇

みなさん、しっかりと睡眠をとっていますか?

我が家は先日、睡眠の質を向上しようとクイーンサイズのベッドを奮発して購入しました。ですが、店頭で何度も試したにもかかわらず、夫婦ともに硬く感じてしまい眠れないという事態に。今は別売りのパッドを敷いてしのいでいます。

我が家で購入したクイーンサイズのベッド。でもマットレスが硬くて眠れないという事態に

ただでさえ仕事柄、周囲がまだ真っ暗な午前4時前に起きて現場へ向かう早朝ロケも多く、どうやったら少しでも快適に眠れるかは長年の課題でした。

そんな悩みを解決できる家電はないのでしょうか。あれこれ調べていたところ、パラマウントベッドが2019年3月に発売した「Active Sleep BED(以下:アクティブスリープベッド)」という製品を見つけました。このベッドがユニークなのは、眠るとき、眠った後、起きるときでベッドの角度が自動的に変わるということです。しかも、マットレスの硬度まで微調整できるというではありませんか。

眠りを感知し、最適な角度にベッドを移動させるというアクティブスリープベッド。ベッド単体の価格はシングルが19万円、セミダブルが25万円(税別、以下同)

調べてみると、この製品はベッド本体である「アクティブスリープベッド」、硬さを変えられるマットレス「Active Sleep MATTRESS」(以下、アクティブスリープマットレス)、そして心拍、呼吸、体動などから眠りを採点する「Active Sleep ANALYZER」(以下、アクティブスリープアナライザー)という3つの製品で構成されているそうです。

開発目標は、ずばり「眠りへの最適解」。はたして本当に安眠につながるのでしょうか。同社のショールーム「眠りギャラリーTOKYO」を訪れて担当者に話を聞いた後、そのベッドを導入しているホテルに泊まり、実際の使い勝手を確認することにしました。

■医療用ベッドのノウハウを活用

パラマウントベッドといえば、医療や介護の現場などで使われている業務用ベッドという印象が個人的には強かったのですが、いつからコンシューマー市場に乗り出したのでしょうか。今回、アクティブスリープベッドの開発に関わった技術開発本部係長の窪田伸之助さんとコンシューマーチーム担当課長の小沢卓矢さんに、まずそこから話を聞きました。

私から向かって左側が窪田さん、右が小沢さんです

MONO TRENDY 新着記事

MONO TRENDY 注目トピックス
日経クロストレンド
大手ジムが「有料オンラインレッスン」に注力する理
日経クロストレンド
アップル、4年半越し悲願 腕時計「常時点灯」の真意
日経クロストレンド
ANAも参入 「5G+分身ロボット」でビジネス変革
日経クロストレンド
花王が洗顔シートで王者を逆転 敵の弱点を徹底訴求
ALL CHANNEL