MONO TRENDY

モノ・フラッシュ

吸汗速乾 シャツの下に着るインナーも高機能に 特集 夏を乗り切る大人向けTシャツ

2019/7/22

シャツの下に着るインナーも進化している。夏を快適にのりきるための高機能なインナーを紹介する

夏を快適に過ごすには、機能を重視したウエア選びがポイントとなる。第1回、第2回では大人に似合うTシャツを紹介したが、第3回はシャツの下に着る高機能インナーを取り上げる。汗を吸って素早く乾き、ドライな状態をキープする吸汗速乾機能は夏に大活躍。そのほか接触冷感や抗菌防臭機能も備えるなど、インナーを見直すことで夏の着こなしは格段に快適になる。実際、若い世代を中心にTシャツの下にインナーを着る人も増えているという。

■吸汗速乾に接触冷感機能をプラス

COOL CONTACT「VネックTシャツ」(1800円、税別※以下同)

洋服の青山が、汗によるべたつきや臭いを軽減するために開発したのが「COOL CONTACT(クールコンタクト)」のインナー。ナイロン85%、ポリウレタン15%の生地は吸汗速乾性に優れ、防臭効果も高い。ストレッチが利いているため着心地も快適だ。

放熱塗料をプリントしてあり、触ると冷たく感じる接触冷感機能も備えている

生地に放熱塗料をプリントしてあり、触ると冷たく感じる接触冷感機能も備える。人体から発生する熱エネルギーを特殊加工が吸収し、遠赤外線に変換して大気中に放出。そのため、生地はひんやり感じられるという。また、熱を外へ逃がすと同時に、太陽からの遠赤外線をブロックするUVカット機能を持つため衣服内を快適に保つ。

「2019年4月の発売以来、売り上げは順調に推移している」と話すのは、青山商事・洋服の青山のメンズプレス、石倉大祐氏。外回りの多い営業職や、屋外で仕事をする人たちから支持されているそうだ。

■Tシャツ専用のインナーウェア

YG「Tシャツ専用インナー in.T クルーネックスリーブレス(汗取りパッド付)」(1500円)

下着メーカーのグンゼによると、20~60代の男性約1000人を対象に行った調査で、約35%の人が「Tシャツの下にインナーを着る」と回答したという。特に20代では56%と高く、「インナーの着用は定着化している」(グンゼ・インナーウエア事業本部メンズMDの古賀智治氏)。

その傾向をうけ、同社が2019年3月に発売したのがTシャツ専用のインナーウエア「in.T(インティー)」。デザインは袖のないスリーブレスで、ネックまわりも大きく開いているため、インナーがTシャツの首元や袖口からはみ出すこともない。

MONO TRENDY 新着記事

MONO TRENDY 注目トピックス
日経クロストレンド
花王ビオレ「LOHACO限定デザイン」で3倍も売れた
日経クロストレンド
KDDI社長が先読み 5G時代はリカーリングが全盛
日経クロストレンド
変な名前の高級食パン店が増殖中 仕掛け人の狙いと
日経クロストレンド
楽天OBがアットコスメでバカ売れ施策 その内容とは
ALL CHANNEL