マネー研究所

人生を変えるマネーハック

老後2000万円超え iDeCoなど「ご三家」でめざす 「老後に2000万円」をマネーハック(3)

2019/7/15

■40代なら「ご三家」で2000万円に近づける

もしあなたが40代であれば、「老後に2000万円」はそれほど恐れる必要はありません。むしろ時間的な余裕を生かして資産形成が可能だからです。どのくらいの金額になるかをそれぞれ試算してみましょう。

(1)iDeCo(月1.2万円)を20年間

元本累計が288万円で、年利2%で運用すれば約354万円、年利4%なら約440万円になります。

(2)iDeCo(月2.3万円)を20年間

元本累計が552万円で、年利2%で運用すれば約678万円、年利4%なら約844万円になります。

(3)つみたてNISA(月3.3万円)を20年間

元本累計が792万円で、年利2%で運用すれば約973万円、年利4%なら約1210万円になります。

ここまで残高を伸ばすことができます。

そして、(退職金・企業年金の受け取り見込み額)+(iDeCoの受け取り見込み額)+(つみたてNISAの受け取り見込み額)+(財形年金など預貯金の受け取り見込み額)というように積み上げていくことにより、「老後に2000万円」をぐっと引き寄せられることがわかると思います。

■夫婦でiDeCo・つみたてNISAならほぼ確実

iDeCoやつみたてNISAは税制優遇があるので、1人1口座の開設となっています。でも、夫婦ならそれぞれ口座を持てるわけです。つまり、「ダブルiDeCo」「ダブルつみたてNISA」の発想です。

「ダブルiDeCo」で夫婦それぞれが開設できれば、積立額は2倍になり、先ほどの試算の数字も2倍になります。同様に「ダブルつみたてNISA」とすることができれば、こちらも積立額は2倍になります。

税制優遇のある口座を夫婦それぞれが持つ「ダブルiDeCo×ダブルつみたてNISA」とすると、退職金なしでも2000万円が達成可能となるでしょう。

マネー研究所 新着記事

ALL CHANNEL