powered by 大人のレストランガイド

おむすびで国と国を結ぶ 国産とスペイン米混ぜたら…

日本米とスペイン米でつくったおむすびを準備する(東京都千代田区)
日本米とスペイン米でつくったおむすびを準備する(東京都千代田区)

日本のコメと外国のコメを混ぜたおむすびで2つの国を結ぶという、奇抜なようでいて意外に納得感のある試みが始まった。名前はUnited Rice Ball(ユナイテッド・ライスボール)。第1弾は日本の「ひとめぼれ」とスペインの「レドンド」をミックスしたおむすび。6月末、スペイン大使館の文化施設インスティトゥト・セルバンテス東京(東京都千代田区)で参加者に振る舞われた。

コメ同士、たとえ国が違っても混ぜて握ればうまくいくかと思いきや、そんな単純ではない。含まれる水分も性質も全く異なるため、うまく1つにならないのだ。それでも、料理人の創意工夫により、異なる2つの国の文化の結晶のような小さなおむすびが4つ生まれた。筆者もテーブルに着きおむすびを通じた文化交流に参加してみた。

おむすびで文化交流

主催したのは、電通に勤務する倉成英俊さんやお米ジャーナリストの柏木智帆さん、フードユニット「つむぎや」の金子健一さんと松浦裕さんらのチーム。駐日スペイン大使を含む日本、スペイン両国からの参加者を前にあいさつした倉成さんは「集まってくれた人たちもぜひ、結ばれてほしい」と交流を呼びかけた。

約10年前に半年間住んでいたスペインへの恩返しの意味も込めて、第1弾をスペイン米に決めたという倉成さん。これから毎年1カ国ずつ、「おむすび相手」を変えながら続けていくという。

倉成さんら主催者でスペイン大使らを囲む

4つのおむすびはまず、シンプルな塩むすびから始まった。食感は普段食べ慣れている日本のおむすびと比べて硬め。スペイン米の存在感を口の中に感じた。いつもより2~3倍は多くそしゃくしただろうか。塩味を飛び越えるように、オリーブの香りが口の中に広がっていくのを味わった。

メールマガジン登録
大人のレストランガイド