N
出世ナビ
プロ経営者 松本晃の流儀

2019/7/20

プロ経営者 松本晃の流儀

サッカーのJリーグはお金がないから外国の強い選手、人気選手を呼べない。だからクラブチーム同士の試合で海外勢に勝てない。勝てないから人気が広がらず、スポンサーを見つけるのに苦労し、収入も増えない。悪循環です。企業も同じ。強くないと、業績がよくないとだめ。そのためにダイバーシティーを進めるんです、と。わかりやすいでしょ。

「正しいことを正しく」が大事

これまで会社の経営をしてきて、あるいは自分の人生で、一番大事にしている言葉は「正しいことを正しく」です。自分がやっていることが正しいという信念がなければ、抵抗勢力と戦って改革を進めることはできません。では、何を正しいと判断するのか。それは、僕のプラグマティスト(現実主義者)としての生き方が影響していると思います。

自分が正しいと思ったら、それをやり続ける。しかし、世の中には正しいと思っても、どうしてもできないこともあります。法律もその一つです。この法律は間違っていると思っても、違反はできない。そういうときは、法には従いながら、「これはろくでもない法律だ」とはっきり言います。たとえば、僕は残業手当は間違った制度だと思っています。法律だから残業代はきちんと払いますが、制度そのものに関しては、ずっと「おかしい」と言い続けています。

僕は団塊の世代の生まれなので、正しいことは正しい、変なことは変なことと本音で言ってきました。そうしないと相手に通じないんですよ、団塊の世代というのは。タレントの北野武さんは僕と同年代ですが、あの率直な物言いを見ていると、やはり世代の特徴が出ているんじゃないかなと思いますね。

最近、忖度(そんたく)がはやっているようですが、僕は何でも本音で言うから、忖度なんてまずしません。いや、たまにあるかもしれない。でもそのときは、忖度しているとはっきり言いますよ。

<<(7)「出世して取締役」の勘違い おかしな日本の企業統治
(9)社員は耳にタコ カルビーを元気にした10カ条の掟 >>

松本晃
 1947年京都府生まれ。京都大学大学院修了後、伊藤忠商事入社。93年にジョンソン・エンド・ジョンソン(J&J)日本法人に転じて社長などを歴任した。2009年にカルビーの会長兼最高経営責任者(CEO)に就任。停滞感のあった同社を成長企業に変え、経営手腕が注目されるようになった。11年には東証1部上場を果たし、同社を名実ともに同族経営会社から脱皮させた。18年に新興企業のRIZAPグループに転じ、1年間構造改革を進めたのも話題に。

(ライター 猪瀬聖)

管理職・ミドル世代の転職なら――「エグゼクティブ転職」

5分でわかる「エグゼクティブ力」
いま、あなたの市場価値は?

>> 診断を受けてみる(無料)

「エグゼクティブ転職」は、日本経済新聞社グループが運営する 次世代リーダーの転職支援サイトです

NIKKEI 日経HR


マネジメント層に必要な4つのスキルを鍛える講座/日経ビジネススクール

会社役員・経営幹部の方を対象とした、企業価値を高める経営の実務に役立つビジネス講座を厳選

>> 講座一覧はこちら

ブックコーナー ビジネス書などの書評はこちら