相葉雅紀、初の男優1位 嵐のメンバー全員がトップ10タレントパワーランキング2019 男優編

日経エンタテインメント!

2019年版のタレントパワーランキング男優編は、初の1位を獲得した相葉雅紀を筆頭に嵐のメンバーが1~3位を独占、トップ10に全員が入る結果となった。

日経エンタテインメント!が発表している「タレントパワーランキング」は、アーキテクトが3カ月に1度実施している、タレントの「認知度(顔と名前を知っている)」と「関心度(見たい・聴きたい・知りたい)」の調査を基に、2つのデータを掛け合わせて「タレントパワースコア」を算出、ランキング化したものだ。今回は、嵐の休止発表後、初の調査だった(調査の詳細は総合編の「タレントパワー サンドウィッチマン大躍進で初の1位」をご覧ください)。

近年4~7位をキープしていた相葉雅紀は、2018年10月期に連ドラ『僕とシッポと神楽坂』で主演。また、嵐が『熱闘甲子園』のテーマ曲を担当するなか、『熱闘甲子園』の番組MCを担当。単独のCMも増やすなど、ソロでのタレントパワーを順調に伸ばした。

2位以降も嵐のメンバーが僅差で並ぶが、その間の4位に割り込んできたのは大泉洋。18年は映画『恋は雨上がりのように』『こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話』の2本に主演し、第23回日本インターネット映画大賞の日本映画主演男優賞を受賞。また同年からNHKの音楽番組『SONGS』の“番組の顔”を務めるなど、そのブランド価値は今も順調に上がっているようだ。

また、7位はムロツヨシ。昨年5位から2ランクダウンだが、嵐以外では大泉に次ぐ高位置に付けた。軽度認知障害を患った妻を支える夫を熱演して話題になった『大恋愛~僕を忘れる君と』が放送された18年10月期にスコアが大幅アップ。7月期は古田新太とのW主演で『Iターン』に主演することも決定している。

スコアは小数点第2位で四捨五入。順位は第2位以下も含めてつけた。星野源を今年より音楽編へ移動したため、18年の24位以下は繰り上がった

今回初めてトップ30にランクインした男優陣も気になるところ。まず14位には滝沢秀明の名前が。昨年末の芸能界引退までメディアの露出が高まった。また、1月期のWOWOWドラマ『孤高のメス』では、様々な圧力やしがらみに屈せずに志を貫く外科医を好演。さらに、初の総合トップ100入りを果たした小泉孝太郎が、男優部門でも初のトップ30入りとなった。

「ハジコイ」勢が急上昇

27位には佐藤健が、30位には堂本剛が登場。佐藤は20代最後となる18年、朝ドラ『半分、青い。』、連ドラ『義母と娘のブルース』の好演でテレビ界を席巻。映画も、17年12月公開の主演映画『8年越しの花嫁 奇跡の実話』が大ヒットしたほか、『いぬやしき』『億男』と続々出演し、山を作った。堂本は、俳優活動自体は少ないが、大ヒットとなった17、18年公開の映画『銀魂』シリーズで人気キャラクター高杉晋助役を演じ、インパクトを残している。