Flash

品格漂う オン・オフ万能な一足 パトリックのオールブラックスニーカー

PR

2019/7/22

パトリックのオールブラックスニーカー、PUNCH-WP (パンチ・ウォータープルーフ)。 価格は2万1600円(税込み)

スニーカー通勤の普及とともに、スーツやビジネスカジュアルにふさわしいスニーカーがほしい、というニーズが高まっている。このほどNIKKEI STYLE Men’s Fashionが開いた「夏の装いお悩み解決講座」でも話題に上り、そこで紹介されたのがパトリックのオールブラックスニーカーだ。

外羽根タイプのコート系クラシックテニスシューズモデルで、ロングノーズのつま先部分にシャープなラスト(木型)を採用したフォルムが目を引く。

革に防水液体剤を浸透させており、パーツ縫製にもはっ水糸を使用。加えて防水性のロウ引き靴ひもを採用するなど防水性にもとことん気を配る。

デザインを手掛けたのは、パトリックの代表作といえる「MARATHON/マラソン」初期モデルのカラーリングを担当するなどしてきた日本を代表するシューズデザイナーの一人、坪内浩さん。「スニーカーでありながら、フォーマルにも合うよう、ブランドロゴも素押しのみでオールブラックにこだわった」といい、「スタイリッシュで機能性ある一足に仕上げた」と振り返る。

オンにオフに全天候に対応し、大人の品格も兼ね備えたまさに万能スニーカーの登場である。詳細はこちら

Latest