2019/7/13

もっともベーシックなスタイルを着用するのは宇賀由馬さん(23)。上着はシングル2つボタンでセンターベント、パンツはノータック、裾はシングル仕上げ。ストライプネクタイを合わせたアイビースタイルの印象だ。ネイビーの無地なのでどの業界でも無難。宇賀さんによれば「選び方で大切なのは、どんな企業、業種なのかということです。お堅い金融なら黒でもいいですが、商社であればおすすめしません」。

タカシマヤスタイルオーダーサロンではスーツを3型用意し400柄の生地から選ぶ(東京都渋谷区の高島屋新宿店)

宇賀さんが就活で用意したのはパンツが2本付いた約2万円の黒スーツ。ところが「社会人になってからはまったく着ていません。働き始めてすぐ新しいスーツがほしくなりました。社会人はみな相応のいいスーツを着ています。就活の時から少しいいものを買った方がバリエーションが広がりますし、お得ではないでしょうか」。

次回は1歩進んだ応用スタイル2つとフリースタイルを紹介する。

(Men's Fashion編集長 松本和佳)

SUITS OF THE YEAR 2021

アフターコロナを見据え、チャレンジ精神に富んだ7人を表彰。情熱と創意工夫、明るく前向きに物事に取り組む姿勢が、スーツスタイルを一層引き立てる。

>> 詳細はこちら

SUITS OF THE YEAR 2021
Watch Special 2021
SPIRE
SUITS OF THE YEAR 2021
Watch Special 2021
Instagram