マネー研究所

プロのポートフォリオ

米中休戦はつかの間でも日本株は「買い」(窪田真之) 楽天証券経済研究所所長兼チーフ・ストラテジスト

2019/7/9

写真はイメージ=123RF

世界中が注目した大阪での20カ国・地域首脳会議(G20大阪サミット)の場での米中首脳会談が終わり、世界の投資家の視線は次のステージに移っています。サミット直後は米中貿易戦争が、一旦休戦に向かう期待もありましたが、現実はそう甘くないようです。同じく重要度の高い日米・日中も併せて、首脳会談の評価を以下にまとめてみました。

■首脳会談はいずれもポジティブだったが……

これ以上、米中対立がエスカレートすると、米景気まで悪化する不安があるなか、ぎりぎりのタイミングで休戦の芽が出てきたことは、評価できます。

マネー研究所 新着記事

ALL CHANNEL