トレンド

大人にぴったりなのはコレ 人気のミニバッグ4選

LEON

2019/7/17

LEON

小振りなサイズ感で軽快な雰囲気を演出してくれるのはもちろん、実際に持ってもすこぶる軽くて快適。さらに、抜群の存在感を醸し出してくれる選びといえば……そう、メゾンの逸品ですよね。

ミニなら当然、軽快に見えるのです

軽快さとは、見た目の印象に大きく左右されるもの。心地良く風を通す生地やスポーティなデザインが軽やかに感じられるのは、まさにその証左なのかと。

その観点からいえば、バッグに軽快感を求めるのであれば絶対的にサイズ感が小さいミニバッグに軍配が上がりますよね?

さらに小振りながらも圧倒的な高級感や存在感を放つメゾンが手がけたモデルを選べば、もはや鬼に金棒。ということで、今夏はメゾンのミニバッグを携え、いまの時代にふさわしい軽快感と洒落っ気とを両得してみては?

◆ グッチ
長年連れ添ったかのような味わい深い表情

キャンバス素材にエイジング加工を施すことで、まるでヴィンテージのような風合いを表現したベルトバッグ。同ブランドのアイコンであるウェブ ストライプとゴールドカラーのインターロッキングGがまさにアイコニックです。

クリップ留め式のナイロンストラップはサイズ調整ができるので、ハイウエストやヒップへの着用はもちろんのこと、ワンショルダーとしての使用も可能。

[W23×H18×D7cm]8万3000円/グッチ(グッチ ジャパン)

◆ ディオール
アーカイブのキャンバス地を再解釈しました

コロンとしたキュートなフォルムが特徴のこちらは「ディオール オブリーク」。1967年に発表されたジャカード織りの生地を、メンズ アーティスティック ディレクターのキム・ジョーンズが再解釈して採用した、まさに温故知新な逸品なのです。

創設者の名が刻まれたストラップを取り外せば、ミニポーチとしても活用できます。

[W13.5×H13.5×D21cm]14万5000円/ディオール(クリスチャン ディオール)

◆ サンローラン
シンプルながら機能面も一切妥協なし

シンプルなフォルムやブラック×シルバーの潔い2トーン配色で、ミニマルなデザインを追求しつつも、フロント部分にあしらわれたブランド名を刻印したIDプレートで確固たる存在感はキープ。

スナップボタン式の取り外し可能なレザータブ&メタルのキーリングが付属したり内側にも両サイドにポケットを備えたりと、使い勝手もしっかりと考慮されています。

[W19×H24×D5cm]5万9000円/サンローラン バイ アンソニー・ヴァカレロ(イヴ・サンローラン)

◆ フェンディ
トレンド感のある蛍光色がアクセントに

ひと目で上質であることがうかがえるネイビーのシュリンクレザーを使用した縦型ミニショルダー。圧倒的な高級感のなかにアクセントを添えるのが、アイコンのバッグ バグズ アイモチーフです。

これを蛍光グリーンによる艶消しのメタルパーツによって象ることで、大人の遊びゴコロを見事に表現。ちなみにファスナーの引き手部分も、同じく蛍光グリーンで彩られています。

[13×18×5.5cm]14万3000円/フェンディ(フェンディ ジャパン)

■ お問い合わせ
グッチ ジャパン カスタマーサービス/0120-88-1921 クリスチャン ディオール/0120-02-1947 イヴ・サンローラン/0570-016655 フェンディ ジャパン/03-3514-6187

※表示価格は税抜きです。

写真/島本一男(BAARL) スタイリング/稲田一生 文/持田慎司

LEON

[ウェブサイト『LEON.JP』2019年5月24日公開の記事を再構成]

Latest