トニー賞で実感 ブロードウェイが崩す壁(井上芳雄)

日経エンタテインメント!

井上芳雄です。アメリカの演劇界で最も権威のある賞とされているのがトニー賞です。映画界のアカデミー賞のような存在ですね。そのトニー賞の授賞式が6月10日にWOWOWプライムで生中継され、僕が日本のスタジオでナビゲーターを務めました。スペシャルゲストは堂本光一君です。5時間にわたる生中継で大変でしたが、とても楽しい時間で、自分はミュージカルや演劇が本当に大好きなんだとあらためて思いました。

6月10日にWOWOWプライムで放送された『生中継!第73回トニー賞授賞式』でナビゲーターを務めた井上芳雄 (C)WOWOW

授賞式の生中継に出演させてもらうようになって今年で6年目。ナビゲーターとしては2年目です。5月には事前番組の収録のため、光一君と一緒にニューヨークに1週間ほど行って、候補作を見てきました。その番組の放送があって、生中継のスタジオでも一緒だったので、例年よりも多くの人がトニー賞に興味を持ってくれたようです。

うれしかったのが、ツイッターの反応で「初めて授賞式を見たけど、面白かった」という声が多かったこと。それこそ光一君も僕も願っていたことで、多くの人に演劇の魅力を知ってもらえたのは、やったかいがありました。

スタジオでの光一君は、演劇界と一般のお客さまをつなぐ役割だと思ってくれていたみたいで、絶妙なトークやリアクションで場を盛り上げたり、なごませたりしてくれました。放送が終わった後、「大丈夫かな、ちょっとバラエティー寄りになり過ぎたかな」と言ってましたが、僕は「とてもありがたかったよ」と。僕が進行のことを考えていたら、さっと入ってコメントしてくれたりとか、すごく助かりましたから。自分で言うのもなんですが、いいチームワークだったと思います。

光一君とは、なぜか気が合います。考え方というか、大事にするところと、どっちでもいいところの価値観が、すごく似ているからでしょうか。2人とも舞台が大好きだし。もちろん好みは違って、光一君はショーっぽいものがいいし、僕はコメディーが好き。でもどっちも演劇ということでは好きだからぶつからないし、光一君は視野が広いから話も面白い。ニューヨークでも、夜の10時くらいに観劇を終えた後、あそこがよかった、ここがよかったと、毎晩のように深夜まで感想を話しあっていました。そんな2人の関係性が、スタジオの雰囲気に反映していたならうれしいですね。

ブロードウェイでは、僕は6本の作品を見ました。現地で強く感じたのはダイバーシティー(多様性)キャスティングです。人種やハンディキャップにこだわらず、多様性を重視してキャスティングする手法が主流になってます。ブロードウェイはもともと白人のキャストが多かったのですが、ダイバーシティーが加速した結果、逆転現象が起こっています。いまやヒロインの多くが有色人種です。『キング・コング』も、映画ではずっと白人の女性がさらわれる設定でしたが、ミュージカル版では黒人の女性。ミュージカル助演女優賞を受賞した『オクラホマ!』のアリ・ストローカーは車椅子に乗っています。ありとあらゆる壁や既成概念を取り払おうという動きがすごい勢いで進んでいます。それは、たくさんの人たちが闘ってきた成果だろうし、素晴らしいことだと思います。

エンタメ!連載記事一覧