卓越性を追求 「神の手」を持つ時計師パルミジャーニ

2019/7/7
ミシェル・パルミジャーニ氏
ミシェル・パルミジャーニ氏

スイスの高級腕時計「パルミジャーニ・フルリエ」は、1996年の創業ながら、精緻を極めた作品で独自の地位を占める。ブランドを一代で築き上げたのは、「修復不可能」とされた歴史的名品を卓越した技術でよみがえらせた「神の手を持つ男」とも称される時計師(時計製作職人)だ。創業者のミシェル・パルミジャーニ氏に、スイス西部のヌーシャテル州フルリエにある本社で聞いた。

◇  ◇  ◇

――時計に興味を持ったきっかけは何ですか。

「中学生のころです。1964年のスイス国内博『エキスポ64』開催にあわせて、地域の人について、リポートにまとめる課題が出されました。この地域に少々風変わりなおじさんがいたので、その人についてリポートを書くことにしました。彼は時計師だったのですが、家畜を育てていました。もともと時計師は畜産を兼業している人が多かったのですが、彼はそうした時計師の最後の一人だったのです。以前から時計に興味を持っていたのですが、非常に刺激されて関心が深まりました」

――そこからどのようにして時計師になったのですか。

「当時はこの地域にも時計学校があったので時計の道へ進みました。その学校も、クオーツ式時計勃興によるスイス時計産業の危機の影響により、1980年代に閉鎖されましたが……。実は時計師になるか建築家になるか迷っていたのです。クリエーティビティー豊かな、充実感を味わえる仕事に就きたいと考えていたからです。ですが、地元に学校があったことから時計を選びました」

■環境が観察眼を養ってくれた

「幸い私は手先が器用でしたので、この仕事になじむことができました。おそらく両親から受け継いだものなのでしょう。父はもともと機械工で老後は彫刻をしていましたし、母ももとは仕立屋だったのですが絵を描いていました。こうした環境で育ったことで感覚が磨かれ、周りのものや自然を観察する目を養ってくれたのだと思います。そして、おのずと時計師に向いた素質が与えられたのだと思います」

カルパグラフ クロノメーター チタン PFC193-3040200-XO1442 ケース:48.2×40.4mm、チタン、30m防水 駆動装置:機械式自動巻、パワーリザーブ65時間 税別価格:394万円 28本限定

Watch Special 2019

日経電子版 NIKKEI STYLE Men's Fashion 「Watch Special 2019」ではSIHHやバーゼルワールドといった国際時計見本市で発表された新作腕時計レポートに加え、今年のトレンドやビジネスマンに向けた腕時計の基礎講座など幅広いコンテンツを提供しています。

>> Watch Special 2019はこちら

SUITS OF THE YEAR 2019
男と女 ときめくギフト
Watch Special 2019