腸内フローラ整えやせ体質に 穀物で取るMACsカギ筋肉を育てる&太らない炭水化物の取り方

日経トレンディ

「レジスタントスターチはジャガイモに多く含まれ、特に調理後に冷めたジャガイモには多い。また、小豆にも多く含まれる。ラットの実験では砂糖が多く入った小豆を食べても、腸内発酵が進むことが分かっている」と、レジスタントスターチに詳しい帯広畜産大学の福島道広教授は言う。糖質オフには敵と見なされる食材だが、実はダイエットの味方ともいえる。

水溶性食物繊維とレジスタントスターチの両方を含むのが、「スーパー大麦(バーリーマックス)」だ。オーストラリアで開発された大麦で、帝人が16年に日本で展開した際は品薄になったこともあった。商品数も増え、ファミリーマートではおにぎりや弁当の販売も行う。「食物繊維のバリエーションがある方が腸内環境のためにはいい。バーリーマックスは様々な成分を含む点が優れている」と、青江氏は言う。

[日経トレンディ2019年7月号記事を再構成]

注目記事
今こそ始める学び特集