元スケーター・中野友加里さん 初めての「お疲れ様」

1985年愛知県出身。女子では世界で3人目となるトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)を成功。2005年NHK杯優勝。10年に現役引退。現在は演技を採点するジャッジとして勉強を続ける。
1985年愛知県出身。女子では世界で3人目となるトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)を成功。2005年NHK杯優勝。10年に現役引退。現在は演技を採点するジャッジとして勉強を続ける。

著名人が両親から学んだことや思い出などを語る「それでも親子」。今回は元フィギュアスケーターの中野友加里さんだ。

――ご両親はどのような方ですか。

「父は愛知県で、主に自動車に使われるネジを製造する会社を経営しています。家族を大切にしてくれる父です。母は兄、姉と私の3人の子育てをしつつ、会社も手伝うというスーパーウーマン。とにかく体力のある人です」

――ご家族のサポートがあったからこそスケートを続けられたと聞いています。

「姉が習っていたことがきっかけで3歳から始めたのですが、6歳で名古屋市のリンクで山田満知子先生にコーチをしてもらうようになってから、24歳で引退するまで母は私につきっきりでした]

「18歳で練習拠点を新横浜に移し、佐藤信夫先生に教わるようになると『心配で1人で行かせられない』と愛知と新横浜を車で往復してくれました。練習の付き添いや体形維持のための食事など全面的にサポートしてくれました。母なしでは競技を続けるのは難しかったと思います」

――金銭的な負担も大きかったのでは。

「衣装代、靴代や遠征費、交通費など、今の時代なら年間1千万円単位にもなるといわれます。でも、ありがたかったという自覚が生まれたのは、引退して社会人になってからです。現役の時は当たり前と思っていて、感謝していませんでした。恐ろしい子どもでしたね」

――心理面ではいかがでしたか。

「家族も一緒になって戦っていたと思います。もちろん1人で演技をするのですが、精神的にはむしろ私以上に戦っていたかもしれません」

「才能がないと思っていたので、とにかく練習すれば、いつか実を結ぶと信じていました。母も同じ考えで、甘やかすことはなく、競技以外でも厳しかった。演技がうまくいかないと、お互いに悔しさをぶつけてけんかばかりしていました」

――目標の五輪出場を果たせず、引退を決めました。

「2006年のトリノ大会に行けず、次のバンクーバーこそという気持ちだけで現役を続けましたが、わずかの差で五輪には手が届きませんでした。代表選考が終わった夜、初めて母が『お疲れさまでした』と言葉をかけてくれました。私は『申し訳ない』という気持ちだけ。まもなく10年になりますが、この思いは消えないですね」

――ご自身も2人のお子さんの母になりました。スケートをやらせたいですか。

「私が個人スポーツだったので、チームスポーツの方がいいと思います。でも、本人がやりたいことを尊重します。できれば自分の知らない競技がいいですね。こんなことができるんだと褒めてあげたい。厳しかった親に似てしまうかもしれないけれど、違うやり方もあるんだと学びながら子育てしたいですね」

[日本経済新聞夕刊2019年7月9日付]

これまでの記事はこちらからご覧ください。