MONO TRENDY

AVフラッシュ

デジカメが付いた携帯プリンター シール作成も便利

2019/7/10

スリムでコンパクトなボディーの「iNSPiC ZV-123」

ユニークな製品「iNSPiC ZV-123」がキヤノンから登場した。一見したところ、ただのコンパクトデジタルカメラのようだが、インクなしで印刷できる超小型のプリンターを内蔵しており、撮影した画像をその場でプリントできるのだ。

背面の蓋を開けたところ。専用の「Zero Ink Technology」用紙をここに挿入する。フィルムではないので明るいところで作業できる

ボディーはとてもスリムでコンパクトだ。重量は188グラムでサイズは121×80×22mm。多くのデジカメと異なるのは液晶画面がないこと。簡易的なファインダーがあるだけだ。撮影はシャッターボタンを押すだけ。あとは1分弱で撮影画像がプリントされて排出される。画角は26mm相当で、画素数は約800万。

背面もいたってシンプル。簡易的なファインダーとアスペクト比変更ボタン、プリントボタンが背面に並び、上面にはライトボタン、電源ボタン、シャッターボタンが連なる

レンズ周囲のミラーは自分撮りのためのものだ。そのセルフィー用のライト(フィルライト)も備える。設定はボディー上部のフラッシュのオン/オフや縦横比変更くらいしかできない潔い仕様となっている。撮影した画像は電源を切らない限り何枚でもペーパーがあれば再プリント可能となっている。しかし電源を切ってしまうと、再度電源を入れても印刷はできない。

なので気に入ったカットの場合はその場で何枚もプリントする必要がある。なお、撮影画像はmicroSDカードスロットにカードを挿せば記録される。しかしカードからのプリントはできない。

インクなしで印刷するシステムは「Zero Ink Technology」という米ジンク・ホールディングスの技術を採用したもので、あらかじめ専用紙に埋め込まれた色が、プリンターヘッドの熱を加えることによって発色するという仕組み。そのプリントはなかなかノスタルジックな雰囲気を持つ独特な仕上がりだ。裏紙を剥がすとシールになっているのでさまざまなところにプリントを貼って楽しめるところが面白い。

「iNSPiC ZV-123」 はアプリ「Canon Mini Print」でスマホと連携できる。写真をいろいろ加工したり、SNSに投稿することが可能だ
「Canon Mini Print」では、スマホ内に保存されている数々の写真をテンプレートに沿ってレイアウトしたり、文字入れをしてプリントして楽しめる

また「iNSPiC ZV-123」はスマートフォンと連携機能をもっており、スマホに「Canon Mini Print」をインストールすると、スマホ内の画像プリントや、写真の加工、レイアウト、テキスト入れができる。子どもの持ち物に顔写真と名前をプリントして貼ったりなど有効に使えそうだ。

アプリの操作は簡単で直感的に使うことができる。ペットの写真を撮って名前を文字入れして、シールなので首輪に貼るなどということができる。アイデア次第でさまざまな使い道がありそうだ

次ページの作例では「iNSPiC ZV-123」で印刷したものをスキャンして掲載する。

MONO TRENDY 新着記事

MONO TRENDY 注目トピックス
日経クロストレンド
PayPay100億円還元策の舞台裏 景表法の限界に挑戦
日経クロストレンド
席で注文できるマクドナルド 新キャッシュレス体験
日経クロストレンド
ファミマ新決済の全貌 したたかなキャッシュレス戦
日経クロストレンド
スタバの「スタアバックス珈琲」 成功の裏側
ALL CHANNEL