アート&レビュー

エンタウオッチング

乃木坂46の堀未央奈が映画初主演 やっぱり私は女優

日経エンタテインメント!

2019/7/5

女優経験は、乃木坂46の活動にも生かされているのか。「乃木坂46の堀未央奈」としての目標は?

「今までは振りを覚えて踊って、カメラが来たら目線を合わせて…みたいな感じだったんですけど、映画と同じで曲にもストーリーがある。そこに思いを乗せてパフォーマンスすると、『表情が良かった』と言ってもらえるようになりました。そんなふうに、自分なりに世界観を作って入り込むというやり方は、お芝居を通して学ばせてもらえたことかなと思います。

乃木坂46は今、先輩がどんどん卒業して後輩も入って、ちょっと不安な思いがあるとき。私は2期生、中間にいる人間としてもっと発言して、卒業したときに『堀ちゃんがいて良かったね』と思ってもらえるように貢献したいです。

もう一度センターですか? 私はスタートがセンターで、当時は実力も自信もなくて悔しい思いしかないんです。きっと応援してくれた家族もファンの方も、どこかもどかしい感情を残したままだと思う。だから機会があったら、センターで、MVを山戸監督に撮ってもらえたりするとうれしい。きっとあのときとは違う自分がいると思うし、後輩につなげられるものもあると思うので。

でも、どこにいても自分は自分。その時々の役割があるので、今を大事に頑張っていきたいです」

『ホットギミック ガールミーツボーイ』

平凡な女子高生の初が、幼なじみの亮輝に弱みを握られて振り回される。そんなとき、人気モデルになった幼なじみの梓が帰ってきて、初と付き合うことに。山戸監督の映像美と詩的な言葉が光る青春映画(公開中/東映配給)(C)相原実貴・小学館/2019「ホットギミック」製作委員会

(ライター 泊貴洋)

[日経エンタテインメント! 2019年7月号の記事を再構成]

アート&レビュー 新着記事

ALL CHANNEL