就活で人気の現場型インターン なんとなく参加はNG

学生に人気のボッシュのインターン
学生に人気のボッシュのインターン

学生から人気のインターンシップの特徴は――。就活ナビサイトがこのほど相次いで発表した人気インターンの内容を分析したところ、評価の高い企業に共通していたのは、現場体験と手厚いフィードバックだった。学生の成長につながる優良なインターンに出会うにはどうしたらよいのだろうか。

今回分析したのは、マイナビの「学生が選ぶインターンシップアワード」と、リブセンスが運営する就活会議が選んだ「学生が本当に行ってよかったインターンシップ」で評価の高かったインターンだ。

インターンシップは新卒を採用している企業の大半が実施していると言われ、就活サイトにも把握しきれないほどの情報が掲載されている。インターンの中身は玉石混交で、中には「人事担当者による説明しかなかった」「場所が会社じゃなかったから雰囲気がよくわからなかった」という不満も学生から聞こえてくる。

評価されるインターンは現場体験と手厚いフィードバック

こうした事情も背景に、就活サイトが評価の高いインターンの表彰を始めた。マイナビは学生の審査員と大学教授ら有識者が選定しており、就活会議は過去のインターン参加学生からの口コミを点数化してランキングを出しているという。

マイナビの「学生が選ぶインターンシップアワード」

評価の高かったインターンに共通していたのは、大きく3点だ。まず、現場の社員が数多く参加している点。次に、プログラムを通じて社内の普段の雰囲気が見えやすい点。そして、インターンシップで実施されるワークショップなどの取り組みに対し、フィードバックがある点だ。

半年間でインターンに41回参加したという法政大法学部4年の石崎寿一さん(21)は、「現場の社員に会えるとか、工場見学を組み合わせているようなインターンだと自分が働くイメージがつかみやすい」と評価する。

就活会議の「学生が本当に行ってよかったインターンシップ」
学生参加型コミュニティ 登録受付中
メールマガジン登録
Mirai アーカイブズ