MONO TRENDY

デジタルライフ

イヤホン・バッテリー… 格安スマホ用品の実力点検

日経PC21

2019/7/17

●【スマートウオッチ】Uwatch スマートウォッチ

腕時計型のスマートウォッチ。1.33 型の液晶ディスプレイを搭載する。金属製(写真)とスポーツタイプ、2種類のバンドが付属

体調管理にも役立つスマートウオッチ。スマホに届く通知を転送する機能もあり、重要な着信やLINEなどのメッセージを見逃さないためにも役立つ存在となっている。

今回、購入したのは腕時計型の「Uwatch スマートウォッチ」。安価な製品には、細長いブレスレット型のものが多いが、やはりオンオフ問わずに使いやすいのは、こうした腕時計型だ。文字盤内には1.33型のディスプレイを搭載する。

裏面には光学式の心拍数計もあり、30分置きに心拍数を自動計測する。計測データは、本体上と「Da Fit」という専用のスマホアプリで確認できる。

液晶はタッチパネルではないが、文字盤部の下中央にタッチセンサーを搭載。ここを触ると、表示モードが切り替わる
裏面に光学式の心拍数計を搭載。装着時は24時間、30分ごとに心拍数を自動計測する

計測する活動量は、前述した心拍数のほか、歩数と消費カロリー、歩いた距離、睡眠時間と睡眠品質。このほかスマホと連携することで、「カメラ」アプリのシャッター、あるいは音楽プレーヤーのリモコンとしても操作が可能になる。

肝心の通知機能も優秀。標準で電話やLINEといったアプリの通知に対応。そのほかのアプリも設定を見直すと、ほぼすべて届くようになる。

スマホに専用アプリ「Da Fit」を導入し機器を登録すると、計測した活動量などをスマホ上で確認できるようになる

●【ライトニングケーブル】ノマドキーNMD-01L

本体に加え、キーリングが付属する。アップルが定める基準を満たしていることを意味する「MFi認証」取得済みの製品だ

ライトニングケーブルを忘れて困った経験のあるiPhoneユーザーも多いはず。「ノマドキーNMD-01L」は、キーホルダー型のライトニングケーブル。購入した価格は2990円と、通常のライトニングケーブルに比べて値は張るが、パッケージも含めて高品質で、満足度は高い。

一般的なライトニングケーブルと同じく、パソコンやモバイルバッテリーなどとの接続用端子にはUSBタイプA端子を採用。USB経由での充電だけでなく、データ転送にもしっかり対応する。

使い方は通常のライトニングケーブルと変わらない。パソコン側との接続端子にはUSBタイプA端子を採用する
かばんや小物入れに放り込んでも、絡まらないのもうれしいポイント。イヤホンなどと一緒に持ち歩く機会が多くても安心

かばんや小物入れに放り込んでも、絡まりにくいのもうれしいポイント。キーリングが付属するので、家の鍵と一緒に持ち歩くと、うっかり忘れる心配もない。

●【液晶コーティング材】クリスタルガード・グラスアーマー

パッケージは非常に簡素。ガラスの小瓶に液体が入っている。塗布用の布も5枚付属する

液晶の保護フィルムや保護ガラスは、どうしても厚みで操作感が損なわれる。また、貼り付けるのもひと苦労。貼り付けの最中にホコリが付着したり、気泡が入ってしまったりと仕上げが汚くなってしまうこともしばしば。そこで、液晶のガラス面に直接塗布してスマホの画面を保護するコーティング剤「クリスタルガード・グラスアーマー」を購入してみた。

付属の布に液体を染み込ませて、スマホの画面に塗り広げた後、乾いた布で拭き取って施工する。簡単で、時間もかからない
仕上がりはとても美しい。塗布後は画面がツルツルになり、指紋や汚れが付きにくくなった。効果は確実にありそうだ

パッケージは非常に簡素。ガラス製の小瓶と、塗布用の小さな布が5枚入っている。施工は、クリスタルガード・グラスアーマーを布に染み込ませ、スマホの画面に塗り込んでから、から拭きするだけと簡単。ガラス面に直接塗布することに抵抗感はあるものの、結果として美しく仕上げることができた。

1週間ほど試用したが、手の脂や汚れは付着しにくくなった。傷や割れを防げるかまでは試せていないが、厚みもないので操作感は上々だ。

MONO TRENDY 新着記事

MONO TRENDY 注目トピックス
日経クロストレンド
NTTドコモが店頭の看板から「ドコモ」を消したワケ
日経クロストレンド
日本初「カチッと鳴る」歯ブラシ ライオンが開発
日経クロストレンド
日本電産・永守重信会長 最後の大仕事は大学
日経クロストレンド
30代前半で世帯年収1000万超 好きなブランドは?
ALL CHANNEL