スーパーマン誕生秘話『クリプトン』 レンタルで上昇2019年5月 海外ドラマ月間レンタルランキング

日経エンタテインメント!

アメコミ(アメリカンコミック)のヒーローとして最も知られているのがスーパーマン。彼の故郷クリプトン星を舞台に、スーパーマンの祖父にあたる若者の活躍を描くドラマシリーズが登場。その『クリプトン』はTSUTAYA海外ドラマ月間レンタルランキングに4月度の5位で初登場。5月度は4位へと順位を上げ、人気の広がりを見せている。

『クリプトン』KRYPTON AND ALL RELATED CHARACTERS AND ELEMENTS ARE TRADEMARKS OF AND (c) DC COMICS. (c) 2019 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. ALL RIGHTS RESERVED.
TSUTAYA調べ、1巻平均のレンタル数をランキング化したもの

『クリプトン』はスーパーマンの祖父にあたる青年セグ=エルを主人公に、惑星を次々と破壊して銀河支配を目論む敵ブレイニアックとの戦いを描くSFアクション。全米では2018年3月からケーブル局Syfy(サイファイ)で放送がスタートした。

クリプトン星はこれまでも映画やテレビシリーズに登場してきたが、この星がいかにして繁栄から崩壊への道をたどったかが克明に描かれたことはなかった。スーパーマン誕生の裏側にあった、知られざる戦いが初めて描かれるのが本作の見どころだ。

製作総指揮を務めるのは映画『マン・オブ・スティール』、『ダークナイト』3部作の脚本家デヴィッド・S・ゴイヤー。DCコミックスのヒーローが活躍する映画を多数手がけるヒットメーカーだけに、『クリプトン』にも映画版とのリンクを盛り込むなど、ファン心理を巧みに刺激しながら物語が展開する。

ストーリーはこうだ。スーパーマンが生まれる200年前のクリプトン星。当時、エル家は社会から追放され、辱めを受けていた。セグ=エルは、時空を超えて未来から来たという地球人アダム・ストレンジに出会う。アダムは、クリプトンが銀河支配を目論むブレイニアックの危機にさらされていると、セグに警告。セグは、家族の名誉を挽回し、愛する人々を守るために戦うことを決意する。彼はまた、スーパーマンの誕生を守るという使命も託されていた…。

本作は、次世代を担う若手俳優が多数出演していることでも注目を集めている。主人公のセグ=エルを演じるのはキャメロン・カフ。英国ロンドン出身の新人で、ドラマシリーズ初主演となる。甘いマスクで人気が上昇中だ。ほかにもセグと密かに恋仲となるヒロイン役のジョージナ・キャンベルや、セグの婚約者役のウォーリス・デイらがフレッシュな魅力を発揮。若手キャストが中心とあって、ドラマには恋愛や友情の要素も多く盛り込まれている。ストーリーの進展とあわせて、キャストの成長も楽しみだ。

7~8年かけて描く壮大なストーリー

『クリプトン<シーズン1>』ワーナー・ブラザース ホームエンターテイメント

TSUTAYA マーケティングカンパニー UX・MD部 映像レンタルの後藤信之氏によると、本作をレンタルするユーザーは60代が一番多く、50代以上の男性で6割弱を占めている。「男女比は8:2で、ほかのアメコミ作品と変わりません。スーパーマンになじみのある上の世代がまず飛びついたようです。4月度5位から5月度は4位へ順位を上げてきており、認知が進むにつれ、下の世代にもファン層が広がりそうです」

全米では6月からシーズン2の放送が始まっている。製作サイドによると、7~8年かけて壮大なストーリーを描く予定で、コミックや映画版と異なる展開になるともいわれている。アメコミ発の新たな人気シリーズとなりそうだ。

(日経エンタテインメント! 小川仁志)