厚生年金の額は収入水準で変動 「定期便」で確認をそこが知りたい厚生年金(中)

良男 そうか。次に受け取る定期便は注意深く見なきゃいけないな。ところで、僕は何歳から年金をもらえるんだろう。

幸子 受給開始年齢は生年月日に応じて段階的に引き上げられている状況よ。現時点では、最終的にみんな65歳からもらい始める予定になっているわ。1959年4月2日~61年4月1日間に生まれた男性は、厚生年金(報酬比例部分)を64歳から受け取れるけど、61年4月2日以降に生まれた男性は一律65歳からよ。女性は生年月日の基準が5年遅くて、60年4月2日~62年4月1日の間生まれなら62歳から、66年4月2日以降に生まれた人は65歳からもらい始めるの。

 年金を受け取る時期を早めたり遅くしたりできる制度もあるんでしょ。

幸子 早く年金をもらい始めたい人は、60歳から受け取る「繰り上げ受給」ができるわ。早めた分、月単位で年金額が減額されてしまい、その金額が一生続くの。基礎年金だけ、厚生年金だけと別々に繰り上げることはできないわ。逆に、もらい始める年齢を遅らせると、年金額は増額されるの。70歳まで繰り下げると最大42%増えて、その金額がその後ずっと受け取れるわ。基礎年金だけ繰り下げて、厚生年金は決められた開始年齢から受け取るというように、別々の選択をすることも可能よ。

■働きながら受け取る選択肢も
社会保険労務士 森本幸人さん
「働くと年金を減らされて損」と考える人も多いようですが、必ずしもそうとは限りません。在職老齢年金制度では60歳以上65歳未満の人が厚生年金と合わせて28万円を超える収入を得ると年金が減額されますが、年金の受給開始年齢は引き上げられています。65歳から年金をもらう人には28万円の上限は関係ありません。
65歳以降に働く場合は、厚生年金と合わせて47万円まで稼げます。平均的な収入の人の厚生年金額は10万円程度ですから月37万円も稼げます。また雇用関係のないフリーランスで働くなら、同制度は適用されません。仕事を続けると収入も増え、外出することで自然と運動になって健康管理ができたり、社会とつながり続けたりすることにもなります。長く楽しく働き続けて、老後を豊かに過ごしてほしいものです。(聞き手は岡田真知子)

[日本経済新聞夕刊2019年6月26日付]

近づくキャッシュレス社会
ビジネスパーソンの住まいと暮らし
注目記事
近づくキャッシュレス社会
ビジネスパーソンの住まいと暮らし