BALLISTIK BOYZ 僕らにしかない武器はギャップ

日経エンタテインメント!

EXILEを筆頭に様々な男性グループを抱える芸能プロダクションLDHから、令和時代の幕開けとともに新たなグループがデビューした。5月22日、グループ名を冠したアルバムをリリースしたBALLISTIK BOYZ(以下、BBZ)だ。メンバーは、現在23歳の日高竜太、22歳の加納嘉将、20歳の深堀未来、海沼流星、19歳の奥田力也、松井利樹、そして砂田将宏の7人。

右奥から反時計回りに、加納嘉将、日高竜太、海沼流星、深堀未来、砂田将宏、松井利樹、奥田力也の7人がメンバー(写真:橋本勝美)

彼らは、2つの大きな特徴が挙げられる。1つは、「海外展開を視野にいれたグループ」であること。もう1つは「LDH初のメンバー全員がマイクを持つグループ」であることだ。まず、海外展開という点では、深堀、奥田、砂田の3人は、「PROJECT TARO」(※)というプロジェクトに参加し、2013年から約3年半、ニューヨークに留学した経歴を持ち、英語が得意。さらに、海沼はブラジル人の母を持ち、ポルトガル語のネイティブである。

※EXILE TRIBEとエイベックスグループがタッグを組み、「世界を舞台に活躍できるメイドインジャパンの最強アーティストを生み出す」というテーマのもと、2013年にスタートしたアーティスト育成プロジェクト。

奥田 ニューヨークで、世界につながっていくという夢を真剣に持ったんですけど、約3年半留学させていただいていて、やっぱり世界で戦っていくということは難しいことだとも実感しました。でも、世界で活躍することは今でも一番の目標でもあり、夢でもある。これからBBZとして戦っていくつもりです。

松井 自分たちの夢は世界中で活躍すること。デビューアルバムに収録されている『Blast Off』という曲は、日本だけじゃなくて世界中を突破していくという意味も込められています。

砂田 世界を考えたときに、まず言語は重要だと思います。外国のプロデューサーやアーティストと会ったときに、グループの紹介を自分たちでできることは大きい。

日高 (深堀、奥田、砂田以外の)僕らは英語がダメなんです(笑)。

加納 R&Bなど好きな音楽のルーツ的にもしゃべれるようになりたいので、3人に協力してもらい、英語で話す機会を作っています。

海沼 ポルトガル語は、話せる人がなかなかいないんですけど、スペイン語と比べると使えるところが少ないんですよね(笑)。でも世界に出ていく上で、ラテン系の方にも自分たちのエンタテインメントを届けに行きたい。

砂田 アメリカでは、スペイン語が話せると生きていけると言われています。ポルトガル語はスペイン語と近いところがあるので、習得も絶対早いはず。そこを流星に任せたいなと。

海沼 頑張ります(笑)。

エンタメ!連載記事一覧