ブック

日経の読書面

グリーンスパンの評伝など5冊 今週の日経読書面 2019年6月22日付

2019/6/25

毎週土曜日付の日本経済新聞の読書面で、評者の署名入り書評を掲載した本を紹介します。書評は日経電子版で読むことができます。

◇   ◇   ◇

グリーンスパン セバスチャン・マラビー著

>>日経電子版で書評を読む 「政策決定の現場明かす評伝」

原題=THE MAN WHO KNEW (村井浩紀訳、日本経済新聞出版社・5800円) ▼著者は米外交問題評議会の上級研究員(国際経済担当)。ジャーナリスト。著書に『ヘッジファンド』など。 ※書籍の価格は税抜きで表記しています


夢見る帝国図書館 中島京子著

>>日経電子版で書評を読む 「歴史追い未来の拠り所示す」

(文芸春秋・1850円) なかじま・きょうこ 64年東京都生まれ。作家。著書に『小さいおうち』(直木賞)、『長いお別れ』『ゴースト』など。 ※書籍の価格は税抜きで表記しています


ネコ・かわいい殺し屋 ピーター・P・マラ、クリス・サンテラ著

>>日経電子版で書評を読む 「絶滅種生み生態系にも影響」

原題=Cat Wars (岡奈理子ほか訳、築地書館・2400円) ▼マラ氏は鳥類学者。サンテラ氏はサイエンスライター。 ※書籍の価格は税抜きで表記しています


ホモ・サピエンスの15万年 古澤拓郎著

>>日経電子版で書評を読む 「差異ある人間 連続体と理解」

(ミネルヴァ書房・2400円) ふるさわ・たくろう 77年生まれ。博士(保健学)。京大准教授。共編著に『フィールドワーカーのためのGPS・GIS入門』。 ※書籍の価格は税抜きで表記しています


江藤淳は甦える 平山周吉著

>>日経電子版で書評を読む 「幅広な批評家の生涯を活写」

(新潮社・3700円) ひらやま・しゅうきち 52年東京生まれ。慶応大文卒。出版社で編集を担当した後、文筆業へ。著書に『戦争画リターンズ』など。 ※書籍の価格は税抜きで表記しています


ブック 新着記事

ALL CHANNEL