溶け合う日本と台湾の温泉文化 「星のや」台中に開業

星のやグーグァンは山の中腹の静かな場所にたたずむ「温泉渓谷の楼閣」だ

2019 年6 月30 日、台湾・台中にオープンする星野リゾート「星のやグーグァン」のコンセプトは、「温泉渓谷の楼閣」。星野リゾートが運営する高級リゾート「星のや」としては、2017 年1 月にインドネシア・バリ島に開業した「星のやバリ」に続いて海外2 拠点目、国内も合わせると7拠点目となる。

湯量が豊富な台中郊外の温泉地、谷關(グーグァン)の温泉街を見下ろす山の中腹に開業する星のやグーグァンは、星野リゾートが台湾で初めてプロデュースするラグジュアリー温泉リゾートだ。グーグァンは、台中市にある台中駅からクルマで1 時間半ほど。台中には成田空港から直行便で向かうことができるほか、台北駅から新幹線に乗れば、2 時間半ほどで到着する。

ワンフロア丸ごと温泉部屋

台湾有数の温泉地として知られるグーグァン。特徴は、なんといっても豊富な湯量にある。この自然の恵みをこの土地ならではの魅力とし、存分に楽しめるよう、全客室に源泉かけ流しの半露天風呂を設けた。共用の大浴場はもちろん、各客室にも天然の温泉を引き込んでいる。

「星のやグーグァンの客室の造りは、台湾では初めてのものだと思う」と語るのは、田川直樹・総支配人だ。田川氏は、大学卒業後、人材紹介会社、メーカーでの海外営業を経て、12 年に星野リゾートに入社。「星のや軽井沢」での研修を経て、「星のや竹富島」に約7年間勤めた。星のやグーグァンの総支配人として、開業準備を指揮する。

客室は、全50 室のうち、3 部屋を除いてメゾネットタイプ。上下階を切り分け、浴室がリビングフロアとは別階に独立した構造になっている。単なる露天風呂付きの客室ではなく、メゾネットのワンフロアが丸ごと、温泉を楽しむための空間になっているのが特徴だ。半露天風呂を備えたこの浴室にはルーバーがあり、ルーバーを開ければ、山あいを抜ける風が室内を通る。風の強弱や周囲とのプライベート感を、ルーバーの開閉で調節できる。

客室は多くがメゾネットタイプ。奥の階段を上がると温泉フロアが広がる「水明」

「温泉専用フロアにはベンチがあり、浴槽のすぐ隣にソファも用意している。ずっと湯船に浸かって過ごすのではなく、お湯から上がってソファで本を読んだり、ベンチに座ったり、出たり入ったりを繰り返しながら楽しめる」と田川氏は言う。