MONO TRENDY

デジタル・フラッシュ

スマホ大容量プラン 格安SIMより大手が得なことも 格安SIM最前線

2019/7/12

スマホで人気サービスを気にせず使いたいという人にとって最適なサービスは?

「格安SIM」という通称が示す通り、NTTドコモ、au、ソフトバンクといった大手キャリアに比べ、月額料金が安いことがMVNO(仮想移動体通信事業者)の特徴だ。ただ使い方によっては「大手キャリアのプランのほうが安い」という場合も出てくる。その代表が「大容量派」。「SNSや映像配信などスマホで人気のサービスを気兼ねなく楽しみたい」という人に向けたサービスは、格安SIMより大手キャリアのプランのほうが安くてお得なのだ。

■条件次第で格安SIMより大幅に安い「ウルトラギガモンスター+」

ソフトバンクの「ウルトラギガモンスター+」は、通信容量が毎月50GBで月額7480円(2年契約あり、通話定額オプションなしの場合)の大容量プランだ。

指定されたサービスを利用したときの通信量が毎月の通信容量から差し引かれず、実質的に使い放題で通信できる「ゼロレーティング」機能(キャリアによっては「カウントフリー」や「データフリー」とも)にも対応しており、YouTubeや主要SNSなど全部で10のサービスが使い放題になる(LINEの通話機能など一部機能は対象外)。これらの対象サービス以外の通信が、毎月50GBまで使用できることになる。

ウルトラギガモンスター+は、格安SIMの大容量プランよりも安い。最大50GBまでの料金プランを提供しているイオンモバイルと比較してみよう。毎月50GBまで使えるイオンモバイルの「音声50GBプラン」は、月額8980円。ウルトラギガモンスター+のほうが1500円安い。

ソフトバンク、au、イオンモバイルの料金プラン比較

■大手キャリアのLTEプランでは初の使い放題プラン

auが2019年の夏以降に提供を開始する予定の「auデータMAXプラン」も、大容量派には注目の料金プランだ。

MONO TRENDY 新着記事

MONO TRENDY 注目トピックス
日経クロストレンド
花王ビオレ「LOHACO限定デザイン」で3倍も売れた
日経クロストレンド
KDDI社長が先読み 5G時代はリカーリングが全盛
日経クロストレンド
変な名前の高級食パン店が増殖中 仕掛け人の狙いと
日経クロストレンド
楽天OBがアットコスメでバカ売れ施策 その内容とは
ALL CHANNEL