スマホ大容量プラン 格安SIMより大手が得なことも格安SIM最前線

ウルトラギガモンスター+はゼロレーティング機能の対象サービス以外の通信については毎月50GBまでという上限が設けられているが、auデータMAXプランはその制限さえない。

大手携帯キャリアの4G LTEでは初となる「使い放題」のプランなのだ。

月額料金は8980円(2年契約あり、通話定額オプションなしの場合)と、1万円近くになるが、イオンモバイルで一番通信容量が多い音声50GBプランも価格は同じ。それでいて、auデータMAXプランの通信容量は使い放題。「どんなサービスでも我慢することなく使いたい」という人向きのプランだ。

賢く大容量を楽しみたければ格安SIMを選ぶ手も

毎月50GBもの通信容量を必要とする大容量派にとって、ウルトラギガモンスター+やauデータMAXプランは格安SIMよりも月額料金が安くなるが、なかには格安SIMを選んだほうがお得になるケースがある。それは、格安SIMが提供するゼロレーティング機能の対象サービスをたくさん使う場合だ。

格安SIMでは通信容量が少ないプランでもゼロレーティング機能が利用できる。対象サービス以外で必要な通信容量が少なければ少ないほど、月額料金が安い料金プランを選べるのだ。結果として、大手携帯キャリアの大容量プランを選ぶよりも通信コストを低く抑えることができる。

ゼロレーティング機能に対応する主な格安SIMの対象サービスは、次のとおり。ウルトラギガモンスター+の対象サービスも併記した。

ゼロレーティング機能に対応する主な格安SIMの対象サービス
MONO TRENDY連載記事一覧
MONO TRENDY連載記事一覧