夏の旅、お手ごろゴールドカードで空港ラウンジ楽しむファイナンシャルプランナー 風呂内亜矢

保有するクレジットカードで入れるラウンジというと、一般的には出国前ラウンジになることが多いとお話ししましたが、羽田空港の国際線に乗る時は、ゴールドカードで入れるラウンジが出国後エリアに設けられています。ただ、盲点は、プライオリティ・パスではこのラウンジには入れず、さらに楽天プレミアムカード自身でも入室できない仕様になっていることです。エポスゴールドやdカードゴールドであれば入室できます。旅先でのラウンジを求めず、羽田空港の国際線からの出発を利用することが多い人は、通常のゴールドカードの方が便利な可能性もあります。

旅行保険の自動付帯と利用付帯に注意

旅行との関連でゴールドカードに期待するものとしては、海外旅行傷害保険も挙げられます。公的医療保険などで守られる国内と違い、海外で医療行為を受けた場合、治療費が高額になる可能性があります。公的医療保険にも海外で治療を受けた場合に、その費用の一部補助を受けられる海外療養費という制度がありますが、同様の治療を国内で行った場合の金額を目安に補助が行われるため、やはり自己負担額は高額になる可能性が拭えません。

ゴールドカードでは通常、海外旅行傷害保険が付帯されていたり、一般カードに比べて補償内容が手厚くなっていることが多いです。

複数のカードを保有している場合、治療費や救援者費用などは合算することができますが、傷害死亡や後遺傷害については、合算はできません。例えば「傷害死亡補償5000万円、傷害治療補償300万円のカードA」と「傷害死亡補償2000万円、傷害治療補償200万円のカードB」を持っていた場合、この2枚のカードでカバーされる補償範囲は、傷害死亡は5000万円(金額の大きいカードA)、傷害治療は500万円(2枚のカードの合算)となります。

また、補償が受けられる条件にも違いがあります。カードを保有しているだけで補償が受けられる「自動付帯」と、カードを使って旅行代金や自宅から空港までの交通費などを支払っている場合に補償が受けられる「利用付帯」に分けられます。

旅行に出かける前に、手持ちのカードの補償金額や条件を整理して一覧表にしておくと心強いでしょう。

一般カードよりもポイントの還元率が高いゴールドカードなどもありますが、いくら以上の利用額なら、ポイント還元分がゴールドカードの年会費を上回るのか、計算して検討するのがよいですね。

基本的には王道カードに支払いをまとめていくのが無難ですが、この夏、旅行に出かける人は、年会費が手ごろでモトがとりやすいお手ごろゴールドカードなら、お得や安心、快適さを得られるかもしれません。

風呂内亜矢
1級ファイナンシャル・プランニング技能士、CFP認定者、宅地建物取引士。26歳でマンションを購入したことをきっかけにお金の勉強を始める。2013年ファイナンシャルプランナーとして独立。最新刊「ほったらかしでもなぜか貯まる!」(主婦の友社)など著書・監修書籍も多数。管理栄養士の資格も持つ。http://www.furouchi.com/
近づくキャッシュレス社会
ビジネスパーソンの住まいと暮らし
近づくキャッシュレス社会
ビジネスパーソンの住まいと暮らし