マネー研究所

美味しいお金の話

夏の旅、お手ごろゴールドカードで空港ラウンジ楽しむ ファイナンシャルプランナー 風呂内亜矢

2019/6/21

写真はイメージ=PIXTA

誰にでもおすすめしやすいクレジットカードといえば、年会費無料の、どこで使っても1%以上の還元率がある「王道カード」が挙げられます。一方、旅行に注目すると、年会費が無料や1万円以下などの「お手ごろゴールドカード」も選択肢になります。

■お手ごろゴールドカードとはどんなもの?

ゴールドカードといえば、年会費が数万円以上かかるカードを想像するかもしれませんが、意外とリーズナブルなものも多くあります。招待状が届けば年会費が永年無料となるエポスゴールドカード、2000円の年会費で持てる楽天ゴールドカード、1万円の年会費のモトが容易にとれる楽天プレミアムカードや、dカードGOLD(ゴールド)なら保有するだけでNTTドコモの通信料の10%ポイント還元があるなど、その人の生活スタイルによってはゴールドカードの方がお得なこともあります。

■空港ラウンジの種類は大きく2通り

旅行とゴールドカードといえば、「空港でラウンジに入れる」サービスが代表的です。入れるラウンジには種類があり、大きく、出国前ラウンジ(主に国内)と出国後ラウンジ(海外)に分けることができます。

出国前ラウンジをカードラウンジ、出国後ラウンジを航空会社ラウンジと呼ぶこともあります。カードで入れる出国前ラウンジより、ビジネスクラスなどに搭乗する人が入れる出国後ラウンジの方が旅行の行程の時間調整には助かることが多いでしょう。軽食やアルコールなどのサービスも出国後ラウンジの方が手厚いことが多いです。

ゴールドカードを持っているだけだと、出国前ラウンジしか入れないことが多いのですが、楽天プレミアムカードを保有すると、出国後ラウンジに入室できるプライオリティ・パス(プレステージ会員)を無料で発行してもらえます。プライオリティ・パスの年会費は429ドル(1ドル108円ならば約4万6000円)のため、毎年海外旅行に出かける人は、楽天プレミアムカードの年会費1万円のモトはとりやすくなります。

ちなみに、ラウンジの種類はあくまで大まかな目安で、空港によっては、そもそも出国後ラウンジが存在しないこともあります。ビジネスクラスに搭乗する人やプライオリティ・パスを持っている人でも出国前ラウンジにしか入れないこともあります。

マネー研究所 新着記事

ALL CHANNEL