ナショジオ

動画

まんまる目玉のスローロリス 森でリハビリする理由

日経ナショナル ジオグラフィック社

2019/6/28

ナショナルジオグラフィック日本版

インドネシア、ジャワ島西部のバンドンで、ペットとして飼われていた希少な哺乳類20匹が森へ帰された。

この動物は、丸くて大きな目が特徴的な霊長類ジャワスローロリス(学名Nycticebus javanicus)。動物保護団体インターナショナル・アニマル・レスキューがマスギット・カルンビ保護林に20匹を放した。

ジャワスローロリスは国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストで近絶滅種(critically endangered)に指定されているにもかかわらず、エキゾチック・ペット(風変わりな野生動物のペット)として盛んに取引されている。

今回森に放たれた20匹もペットだった個体で、2015~2018年に飼い主から引き渡しを受けた。健康診断とリハビリを経たのち、野生の生息環境に適応するために、現在は保護林の囲いのある森の中で暮らしている。

この森はジャワスローロリスの回復に適した生態系を備えており、今後、4週間をめどに経過を観察し、本来の野生環境に放すことができるかを見極める計画だ。

(日経ナショナル ジオグラフィック社)

[ナショナル ジオグラフィック 2018年9月18日付記事を再構成]

詳しい記事はこちら

ナショジオ 新着記事

ALL CHANNEL